改造車、カスタムカー、ドレスアップカーの中古車買取査定

改造車、カスタムカー、ドレスアップカーなど部外パーツ、アルミホイール、車高調など中古車として売却する際に不利になることがある車の売却を有利にする方法を紹介しています。

 

中古車市場での改造車の評価は、分かれますがほとんどの場合、悪い評価、マイナスの評価になることがほとんどです。最近は、車検対応の部外品での改造車がほとんどですが、車検対応でもノーマル車よりも改造車の方が評価が低くなる車種が多いと言えます。

 

カスタムパーツ、ドレスアップパーツは高額のものが多く、特に車検対応の部外パーツは、高額で中古車して売却する際に、改造パーツ、部外品も評価して査定してほしいと思われている方がほとんどだと思いますが、現実は厳しい面もあります。

 

改造車でも車種や改造箇所、改造度合いなどで中古車しての評価は変わりますが、改造車、カスタムカー、ドレスアップカーなどの売却では、その車種の改造車の中古車を扱う中古車店や改造車専門の中古車店などへの売却が有利になることが多いと言えます。

 

また、改造車の売却の際に査定を断られるケースもありますので、売却先や査定を取る方法などは気を付けなければいけないと思います。特にディーラーなどは改造車の査定はしてくれないことが多く、修理や車検などもディーラーでは受けることが出来ない事もあります。

 

このような事からも、改造車は、中古車して需要が少なくなりますよね!

 

当サイトは、中古車の売却で少しでも高く売る為の方法や有利な査定を取る方法を紹介しています。中古車市場で不利な改造車の中古車も少しでも有利な査定を取る方法を紹介しています。
改造車、カスタムカー、ドレスアップカーの中古車査定、売却で必要な事は、その車種の改造車を高評価で査定してくれる業者を探すことです。これさえ上手くいけば、改造車の中古車を損をすることなく売却出来るかもしれませんよ!


改造車買取に強い車買取一括査定サイト

  
  

改造車の種類別、タイプ別の売却方法

※スポーツカー、走り屋使用の改造車査定

改造車の中でもエンジンや車高などを改造してスピードや走りを優先した改造で、中古車としてはあまり評価の良くないタイプですね!
エンジン系統の改造車は、ノーマルの戻すことも困難で、自動車の心臓部であるエンジンの傷みも大きく、中古車しては評価が低いと言えます。
また、走り屋使用の場合、エンジン、足回りの改造、使用方法も過酷なケースが多く、中古車市場では嫌われることがほとんどで、マイナス査定は必須だと言えます。
逆にスポーツカーの改造で、スピードを重視したタイプは、改造パーツや改造度合いなどでは、評価が得られることもあります。
スポーツカー、走り屋使用など、エンジン、足回りの改造車の売却、査定は、専門店や同じようなタイプの中古車を扱う業者への売却が有利になると思います。

 

※ミニバン、SUV車のカスタムカー、ドレスアップカー

ミニバンやSUV車は、中古車市場でも人気が高く、ドレスアップカーやカスタムカーでも部外品の質や人気のメーカー品なら改造車でも査定が期待できます。
特に人気のミニバン、SUV車の改造車の場合、プラス査定になるケースも少なくないですね!
逆に、改造パーツ、部外品が粗悪なな場合は、マイナス査定になることも少なくなく、ミニバン、SUVの改造車でも中古車市場での評価は、分かれると言えます。
ミニバン、SUVのドレスアップカーの中古車を売却する際には、部外パーツを評価してくれる業者で査定を取ることが重要になると思います。

 

※キャンピングカー

昨今のキャンピングカーブームでキャンピングカーの販売遺台数は年々増加しています。キャンピングカーのタイプも軽自動車をベースにしたコンパクトキャンピングカー、軽キャンパーや普段使いも出来る1ボックスカーのキャンピングカー、トラックやマイクロバスベースの本格キャンピングカーなど改造度合いも様々です。
キャンピングカーを改造車と呼ぶかは、わかりませんが、ベース車が有ってその車を改造してキャンプが出来る車、車中泊が出来る車にするのですから改造車と位置付けました。
キャンピングカーは、改造車の中では、比較的高値で売却される中古車で、査定価格も比較的高くなる傾向にあります。これも最近のキャンピングブームが後押ししていると言えますが、査定業者、売却業者を選べば期待通りの価格の売却が可能ではないでしょうか?

売れる改造車、売れない改造車

改造車やカスタムカー、ドレスアップカーにもたくさんのタイプや改造度合いが有りますよね!総合的に見て改造車やカスタムカーは、中古車自動車市場では売却しにくい自動車で買取が不可の場合や査定もしてくれないこともあります。

 

改造車、カスタムカーの中古車売却で重要な要素の1つが、車検対応の有無ですね!車検対応の社外パーツでの改造で車検に対応している場合は、改造車でも売却可能で、売却、査定次第で希望通りに売却できるケースもあります。
逆に、車検に対応していない社外パーツで改造している場合、売却出来ない事が多くなります、査定に出したとしても査定価格が付かないケースや査定をして頂けないこともあります。※ディーラーでは車検対応でない改造車は査定不可です。

 

このように、改造車、カスタムカー、ドレスアップカーとひとくくりにしても、その改造度合い、車検対応の有無などや程度や車種によってその価値は様々です。
中には、ノーマル車の同等のグレード、年式よりも高い買取査定が出来る車種も有るので、改造車、カスタムカーの中古車売却は難しいと言えます。
まず、改造車の場合、その車種が改造、カスタムが好まれるか?または社外パーツが多く発売されている車種は、比較的、カスタムカー、ドレスアップカーとしての人気が高いと言えます。
このような車種(ハイエース、ランドクルーザー、ヴェルファイア、コペンなど)は、改造車、カスタムカーでも売却しやすい車種と言えます。
逆に社外パーツがあまり発売されていない車種は、改造車、カスタムカーとしては売却に苦労する車種だと言えます。

 

また、改造車、カスタムカーの中古車売却の際には、改造箇所のノーマルパーツの有無は、査定価格に大きく影響するのでノーマルパーツが有るのなら用意しましょう!

 

改造車、カスタムカー、ドレスアップカーで、売ることが出来る中古車は、まず、年式的に中古車市場で価値が有る車、基本改造車の場合ですとおおよそ5年以内です。程度と走行距離も重要な要素になります。
次に、改造パーツ、社外パーツが信頼できるメーカーのもので車検対応であることは重要です。
これらをクリアーしていれば、改造車、カスタムカーでも売却可能で、上手に売れば、期待以上の価格での売却も出来るかもしれません。

 

逆に改造車、カスタムカー、ドレスアップカーで売却不可の中古車というのは、車検対応でない改造パーツ、社外パーツの使用した改造で車検を受けることが出来ない、年式が古い、10年以上経っている、程度が悪い、エンジンの改造をしているなどの中古車は、売却不可の場合や査定に出せないケースも少なくないと言えます。

 

改造車、カスタムカーやドレスアップかでも中古車市場で価値が有る車と価値がない車が有ります。また、ノーマル車ならその車種の中古車市場の販売価格などで査定価格の予想もつきますが、改造車の場合、査定価格の予想が付きにくいので、売却可能な改造車の場合は、出来るだけ多くの業者に査定依頼することをおすすめします。