スバル自動車リコール情報まとめ

※サンバーのリコール情報 9月7日/2017

エンジンの防振ゴム付クランクプーリにおいて、構造が不適切なため、使用過程においてクランクプーリ本体と防振ゴム部の接着面が剥離するものがある。そのため、当該クランクプーリのリング部が空転又は外れ、発電機が作動しなくなり、エンジンが停止するおそれがある。また、最悪の場合、外れたリング部が他の交通への妨げになるおそれがある。
改善内容
全車両クランクプーリを点検し、接着タイプのクランクプーリであれば対策品に交換する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※トレジアのリコール情報 8月31日/2017

助手席用エアバッグにおいて、車両工場での作業が不適切なため、異なる仕様の部品を搭載したものがある。このため、エアバッグ作動時に正常に展開しないおそれがある。
改善内容
全車両、助手席用エアバッグアッセンブリを良品と交換する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※レヴォーグ、WRXのリコール情報 8月4日/2017

ステアリングギヤボックスにおいて、ラックギヤの製造が不適切なため、強度が不足しているものがある。 そのため、使用過程において、損傷し、最悪の場合、ハンドル操作ができなくなるおそれがある。
改善内容
全車両、ステアリングギヤボックスを点検し、該当するものはステアリングギヤボックスを良品に交換する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※インプレッサ、XVのリコール情報 7月20日/2017

取扱説明書において、「i−Size(アイサイズ)チャイルドシートの座席位置別適合性一覧表」が記載されていないため、保安基準第22条の3 細目告示第30条(協定規則第16号第6改訂版)に適合しない。なお、チャイルドシート固定時の機能上に問題はない。
改善内容
全車両、「i−Size(アイサイズ)チャイルドシートの座席位置別適合性一覧表」を記載した取扱説明書に交換する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※エクシーガのリコール情報 5月18日/2017

ルーフレールにおいて、フロントカバー取付け部の設定が不適切なため、ルーフレールを車体に組付ける際に、フロントカバーの固定爪の一部が損傷することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、固定爪の損傷が拡大してガタが発生し、最悪の場合、走行中にフロントカバーが脱落し、他の交通の妨げになるおそれがある。

 

改善内容
全車両、ルーフレールのフロントレッグを対策品に交換する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※ステラ、プレオ、ルクラのリコール情報 3月31日/2017

自動無段変速機(CVT)のトルクコンバータにおいて、内部ベアリングの製造が不適切なため、摺動面に凹凸があり、使用過程で凹凸により当該ベアリングが異常摩耗して破損することがある。そのため、ベアリングの破片がトルクコンバータ内部に飛散し、異音が発生し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、破片がトルクコンバータ内部に噛み込み、停車時等にエンストして発進できなくなるおそれがある。

 

改善内容
全車両、トルクコンバータを良品と交換する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※レガシィのリコール情報 3月30日/2017

助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。

 

改善内容
全車両、助手席用エアバッグモジュールを対策品に交換する。
なお、部品が供給できない場合には、暫定措置として、助手席用エアバッグの機能を停止し、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※インプレッサのリコール情報 3月30日/2017

助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。

 

改善内容
全車両、助手席用エアバッグモジュールを対策品に交換する。
なお、部品が供給できない場合には、暫定措置として、助手席用エアバッグの機能を停止し、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※エクシーガのリコール情報 3月30日/2017

助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。

 

改善内容
全車両、助手席用エアバッグモジュールを対策品に交換する。
なお、部品が供給できない場合には、暫定措置として、助手席用エアバッグの機能を停止し、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※フォレスターのリコール情報 3月30日/2017

助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある

 

改善内容
全車両、助手席用エアバッグモジュールを対策品に交換する。
なお、部品が供給できない場合には、暫定措置として、助手席用エアバッグの機能を停止し、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※レヴォーグのリコール情報 2月23日/2017

原動機において、エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、吸入空気温度が高い状態で点火時期や燃料噴射、過給圧が適正に制御ができず、異常燃焼を起こすことがある。そのため、シリンダー内の圧力が異常に上昇しコンロッドが折損、最悪の場合、シリンダーブロックが損傷してエンジンオイルが漏れ、火災に至るおそれがある。

 

改善内容
全車両、エンジンコントロールユニットの制御プログラムを書き換える。

リコール情報ページ(スバル)

 

※インプレッサのリコール情報 2月2日/2017

制動倍力装置のバキュームポンプにおいて、当該ポンプの製造が不適切なため、ポンプ内部に異物が残留しているものがある。そのため、異物により潤滑用油路が塞がれると、潤滑不良となりポンプ内部が破損し、負圧補助機能が失われ、高地等でブレーキを掛ける際、通常の踏力ではブレーキの効きが悪くなるおそれがある。また、ポンプ内部で破損した部品がエンジン内部に入り、エンジンが損傷するおそれがある。

 

改善内容
全車両、バキュームポンプの製造番号を確認し、該当するものは良品と交換する。

リコール情報ページ(スバル)

 

※レガシィのリコール情報 1月27日/2017

フロントストラットにおいて、ストラット上端取付け部の締結緩み評価が不充分なため、縁石乗り上げなどの衝撃で取付けナットが弛むことがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該取付け部にガタが生じて損傷し、異音が発生するおそれがある。

 

改善内容
全車両、当該部のナットを対策品に交換し、再締付けを行う。また、当該締結部に異常が認められたものは、フロントストラットを新品に交換する。

リコール情報ページ(スバル)

関連ページ

トヨタ自動車リコール情報
トヨタ自動車のリコール情報をまとめています。リコール車の修理、改善は無料で修理、部品交換などを受けることが出来るのでリコール情報はチェックしてください。
ホンダ自動車リコール情報
ホンダ自動車のリコール情報をまとめました。適合車種の際は、メーカーの無料修理、部品交換など改善を受けることが出来ます。
日産自動車リコール情報
日産自動車のリコール情報をまとめました。リコール対象車はメーカーの無料修理、無料部品交換などの改善を受けることが出来ます。
マツダ自動車リコール情報
マツダ自動車のリコー津情報をまとめました。リコール、サービスキャンペーンは無料で修理、部品交換、改善策を受けることが出来ます。
三菱自動車リコール情報
三菱自動車のリコール情報をまとめました。リコール対象車は無料修理、部品交換、改善策を受けることが出来ます。
スズキ自動車リコール情報
スズキ自動車のリコール情報をまとめました。対象車種はスズキディーラーで無料修理、改善を受けることが出来ます。
ダイハツ自動車リコール情報
ダイハツ自動車のリコール情報まとめました。無料で改善出来るメーカーリコール情報は確認しましょう!あなたの車の不具合はリコールかもしれませんよ!