車買取査定と車下取り査定の違い

車、中古車の下取りとは、車の買い替え、新車や中古車を購入する際に今まで乗っていた車、愛車を引取して頂く事です。
買取とは、新車、中古車の購入に関係なく、自分の車を売却、買取して頂く事です。

 

少し前までは、車買取ショップをほとんど見る事は有りませんでしたが、最近では幹線道路沿いにガリバーやビッグモーター、カーチスなどの看板を見かけるようになりましたね!
この手の車買取査定ショップは、車の買取専門店です。今乗っている愛車を持ち込めば買取査定をすぐに出来ます。
逆に、車の買い替えで今までの載っていた車を手放す方も多いですよね!大半の方が新しく車、自動車を買う際に今まで乗っていた愛車を引取して頂きますよね!この際は、その車の下取り価格を新しい車の購入価格から値引きしてもらいます。

 

車の買取査定は、車の購入、買い替えに関係なく愛車を売却する際に、中古車販売店、車買取店、時には購入したディーラーでの引取での査定の事を基本的に言います。

 

車の下取り査定は、新車や中古車を購入する際に同じ店舗で今までの乗っていた車を買取査定、引取して頂く時の査定を下取り査定と呼びます。

 

車を新しく購入する際に今までの車の引き取り、買取して頂く際の査定を下取り査定と呼び、購入などに関係なく車の売却の際に査定を車買取査定と呼びます。

 


車買取、車下取りのメリット、デメリット

車、愛車の売却の際に少しでも高く売りたいと思いますよね!

 

車の買い替えの際に、車の売却をする方がほとんどだと思います。この際に利用するのが、車を買うディーラーへの下取り査定ですね!
下取り査定のメリットと言えば、乗っている車を納車まで乗る事が出来る事や査定が同じお店で出来るので手間はかからない事ですね!
しかし下取り査定の場合、人気車種や年式に新しい車、ディーラーが扱っていない、他メーカーの車の場合、査定価格は低くなる傾向に有ります。あまり値打ちのない車、高年式車や程度の悪い車なら下取り査定の方が良い場合もありますが・・・

 

車の購入に関係なく愛車の売却をする際に中古車販売店や車買取ショップなどに査定、買取りして頂く車買取査定は、中古車市場で人気車種や年式が新しい車の場合、高値査定が出やすいと言えます。また複数の業者に同時に査定を依頼する事も出来るので、より高値の査定価格の業者に売却できるメリットがあります。ただ、複数査定は手間と時間が掛かる事も多く、女性や車にあまり詳しくない方は、あまりメリットがないケースもあります。

 

※車下取り査定のメリットは、手間やややこしい手続きなどが簡素化されます。納車と同時に車の引き取りになるので毎日車を使う人には助かります。
車買取査定にメリットは、中古車買取相場に近い価格での売却、交渉次第ではそれ以上の価格での売却が可能、また複数業者への査定で競争入札で一番高い査定の業者に売却が可能になります。