水没車の買取、処分方法

最近の大雨や台風などで、車が水没することが多くなっています。自動車が水没した場合、マフラーや吸気口からエンジンに水が回り、エンジンが掛からなくなることや最悪、エンジンの故障し、動かなくなるばかりか、修理代も高額になるケースも少なくありません。

 

水没車の修理代が高額になることから廃車になることも少なくなく、水没車の処分に困ることも多くあります。
特に、エンジンが掛からない動かすことが出来ない水没車は、処分するためにレッカー代などの余分な出費もかかってきますよね!

 

そこで当サイトでは、水没車、動かなくなった故障車を出来るだけお得に処分する方法、出来れば買取で処分する方法を紹介しています。
水没車の修理は、エンジンまで逝っている場合、内装や電気系統なども修理、交換が必要になることなどから、廃車になることが多いですね!
廃車になるという事は、自動車、中古車としての価値はありません。ですので売却することが難しくなります。ですが廃車にする車でも買取可能な場合も多く、廃車の買取をしている業者もあります。
また、廃車にするにも廃車手続きなどの費用が掛かるので、金額に問わず、売却できるのなら売却した方が良い場合もあります。

 

また、水没車で車両保険に入っている場合、車両保険が出る場合と出ない場合があります。車両保険に入っているから大丈夫と思っている方は注意してください。すぐに保険会社に連絡してください。

 

車両保険で対応出来た方は、水没車の処分や売却の心配はなくなりましたが、車両保険への加入をしていなかった方、車両保険では天災の水没には対応していなかった方は、水没車を処分する必要がありますね!

 

水没車でエンジンまで故障している場合、ほとんどが修理は進められないと思います。エンジンの修理や積み替えには修理代金も高額になることが多く、その車の価値や年式にもよりますが、修理するよりも買い替えなどを進められることが多いと言えます。

 

中古車市場でも水没車、水害車の購入には注意などを聞いたことがあると思いますが、水害車は、修理後も調子が悪くなることが多く、修理したからっと言って修理前の状態にはならないことが多いからです。

 

水没、エンジンの故障やコクピットまでの浸水の場合、処分することが無難だと思います。しかし水没車の売却は難しく、廃車などになることが多いと言えます。

 

そこで当サイトでは、動かなくなった水没車、処分にお困りの水没車を、無料もしくは幾らかで買取してくれる方法で処分できる方法を紹介しています。
ディーラーなどで水没車の処分をお願いした場合、レッカー代や廃車手続き費用など請求されることがほとんどで、持ち出しになります。

 

水没車、動かない水害車の処分で、廃車手続き代行も無料で出来、車種によっては買取も可能な廃車になる車でも買取可能なサービスを紹介しています。
全国ほとんどの地域で、無料引き取りや廃車手続き代行、買取なども出来る事故車や動かない車、故障車、廃車の引き取り、買取が可能な車査定サイトを紹介しています。
ネットの車一括査定サイトでは、水没車の査定を取ることが出来ない事も多く、処分に困ることもあります。ですが、どのような車でも買取、引き取り可能なサービスなら、水没車でも処分が可能です。

 

水没車、水害車の処分におすすめの車処分サービス
カーネクスト タウ


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト

事故車買取の<タウ>無料査定申込

 

 

 


水没車の種類と自動車保険

水没車両、冠水者と呼ばれる、水につかった車の事を言います。
水没車とここでは呼びますが、水没車にも水没の程度で自動車保険に違いも出来てきます。

 

車は、ある程度までは水没に耐えられるように出来ています、例えば、駐車中に水没してしまった場合、車内に水が入るほどの水没なら内装、シートやマット、電気系統の損傷などが疑われます。自動車保険で車両保険に加入している車両なら修理代などを保険で賄う事も可能です。(加入している保険にもよりますので保険会社に確認してください)
次に、走行中にアンダーパスなどに水没した場合、最近ではゲリラ豪雨や台風などで冠水した道路で立ち往生している車両をニュースなどで見かけますよね!
走行していて、冠水した場合、無理に走行したことでエンジンにまで水が入りエンジンの損傷するケースも多くなっています。
この場合、年式や車両にもよりますが、エンジンの修理代が高い場合、全損になるケースも少なくありません。
自動車保険の車両保険で対応の場合と対応しない場合もありますので、これも加入する保険会社に確認しましょう!

 

自動車保険で対応できる場合は、車の修理代や処分に関しての心配はありませんが、車両保険に未加入の方は、水没車の処分に困りますよね!
趣里出来るほどの水没なら良いのですが、冠水での水没の場合、修理代は、高くつくことがほとんどで、修理してまで乗るよりも買い替えなどを選択する方が多いようです。

 

この際に、水没車の処分になりますが、普通にディーラーなどに廃車処分を依頼した場合、廃車手続き代行費や廃車費用を5000円や10000円ほど請求されることや動かせない車の場合、レッカー代などの請求も考えなければいけません。

 

しかし、水没車でも買取や廃車手続き代行費やレッカー代無料で処分してくれる業者があります。
年式の新しい車両の場合、水没車でも買取可能になるケースはほとんどですので買取を視野に入れた査定や処分をしましょう!

 

水没車両、冠水車でも買取可能ケースも多く、まずは買取してくれる業者探しから始めて、買取が難しい際には、無料の廃車引き取り業者などで処分をすることをおすすめします。