車検前や車検切れの中古車の査定

車検が近づくと車の買い替えなどを検討される方も多くなると思います。
車検前の車を売却されるる方も多いと思いますが、車検残が少なく車の売却は不利になるのか?、査定の際に査定残が多い方が高く売ることが出来るのか?査定残の日数は査定価格に反映されるのか?などが気になる方も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、車検残はの日数が査定価格に反映されることはほとんどありません。車検がある車の方が車検分高く買取して頂けると思われてる方は、査定の際にがっかりすることもあります。

 

車検というのは、中古店や車買取業者にとっては、それほど重要な要素ではありません。なぜなら、中古車を買取した後にすぐに売却出来ることはほとんどありません。
中古車店や車買取業者もすぐに売却できるのであれば、車検有の中古車は売却しやすいと言えますが、売れるまで日数がかかる場合、車検日数も減っていきます。また、売却の際には検受け渡しの方が売りやすいという事も有り、車検というのは査定にあまり反映されないと言えます。

 

ですので、車検残は中古車売却の際にはあまり気にする要素ではなく、車検が少ない車種でも売却の際の査定にあまり影響しないという事です。

 

しかし、中古車店や車買取業者に中には、車検残が少ない車種を査定に出した場合、車検が少ないので査定価格を少なく見積もる業者もあるので、複数査定を取ることをおすすめします。

 

中古車店にしても車買取業者、ディーラーでも中古車の買取は少しでも安く買取したいというのが本音です、ですので、1社だけの査定の場合、査定価格は最低価格から出してくることが多くなりますが、複数業者の査定が依頼できる一括査定サイトの利用の場合は、業者も高値の査定価格を提示することがほとんどですので、有利な査定をすることが可能だと言えます。

 

車検というのは、中古車の売却の際には、それほど重要な要素にはなりませんので、車検のタイミングで売却しても査定価格はそれほど変わることはないと言えますが、査定方法では査定価格に大きく差が出ることもあります。

 

車検の有無よりも査定方法を重視した方が有利な査定が出来て、高くる売ることが出来ると思います。
その方法の1つが、ネットの車買取一括査定サイトの利用です。簡単な登録、複数業者の査定を無料で依頼できるサービスで、車を高く売る方法としておすすめです。