車検前の車売却っどうなの?

車の車検が近づくと車検を受けるのか?売却するのか?を悩む方や車検ギリギリまで乗ってから売却することをお考えの方も多いのではないでしょうか?

 

では、車検前に車を売却するのは得なのか、損をするのか?
車検の有無は、中古車査定では特に重要な項目ではありません。車検間近の車を査定に出した場合でも車検が少ない事での査定価格おマイナスになることはほとんどありません。
ですので、車検前の車を売却することに損得はほとんどないと言えます。

 

しかし、車検前の車を査定業者や中古車店に持ち込んで査定をした場合、その車はすぐに売りたいと思われますよね!
早く売りたい=高値査定が出にくい
という方程式が稼働します。

 

査定業者は出来るだけ安く買いたいと思っています。そこに車検間近の車が査定に持ち込まれたらどうなりますか?
多分、その車の中古車買取相場よりも安い査定価格を提示してくると思います。
車検が近い車を査定に出す際には、注意が必要です。ほとんどの場合、査定をする業者は安い査定価格を提示してくると思われます。もしその価格で売却してしまったら後悔することは明らかです。

 

車検前の車の査定は直接的には査定価格にはそれほど影響することはありませんが、早く処分したいと言う不利な状態での査定は、高値で売ることが難しくなります。

 

次の車検前に愛車の売却をお考えの方は、車検ギリギリになって売ることは避け、最低でも一ヵ月前くらいから売却先を探すことをおすすめします。
また、車の買い替えをする方も多いと思いますが、この際にも車検ギリギリで次に車の購入するよりも少し余裕をもって交渉する方が、値引き交渉もしやすく、下取り価格も交渉しやすくなると言えます。

 

また、下取りよりも車買取業者や中古車店の方が高く売るれる車も多いので、他の売却先も考慮に入れて複数の業者の査定を取ることで、少しでも高い買取をしてくれる業者への売却が可能になります。

 

車検前、車検間近の車でも複数査定や車一括査定サイトなど利用すれば、足元を見られることなく適正価格での売却が出ると思います。

 

車検の残り日数が少ない事での査定価格や査定に不利になることはほとんどないのが現状ですが、早く処分しなければいけないと言う心に余裕がない、車検日数がない事での不利な査定になることがあるので、余裕を持った売却を心がけてください。

 

 

車検の有無、車検残期間での査定価格

車、愛車の売却の際に車検前に売る方が多いのはわかりますよね!しかし車検前の売却が査定価格に影響するになら車検残が少し残っている時期に売るという選択もありではないでしょうか?

 

上記でも書きましたが、車検の有無は車買取査定にはそれほど影響することはありません。
では、なぜ、車検の有無が査定価格に反映されないのでしょうか?

 

まず、中古車として買取した車がすぐに売却されることはほとんどありません、買取した車は点検や掃除などをへて店頭に並びますよね!店頭に並べてもすぐに売れることは少なく、その期間に車検残がある車は車検が残が減少しますよね!
得には、車検残を過ぎても売れないケースも考えられます。

 

また、中古車を購入される方も車検残が残っているよりも検受け渡しで、満額車検が有る中古車の方を望まれるケースも多いので、車検残が少ない車の場合は、検受け渡しで売却するケースも多いので、車検残があることが査定に際のメリットになることは少ないと言えます。

 

車検が近くなったから車の買い替えや車の処分は普通に行われることで、それ自体が査定価格に影響はしにくいと言えますが、車検が近づいているので焦って売ることで安い査定価格で売却するという事はあり得ることです。

 

車検前の車の売却は、焦って売ることは避け、出来るだけ余裕をもって複数の査定を比べることが出来るくらいの余裕は必要だと言えます。
最近は、ネットの車一括査定サイトで、同じ日に複数業者の査定を依頼される方も多く、この方法なら車検が間近の車でもすぐに売却先を探すことが出来るので車検が迫った車の売却にはおすすめです。

 

車検残を考慮に入れて余裕にあるうちに売却先を探して有利な価格で売却してください。

 

車検残の有無に関係なくできる車一括査定サイト