デリカの中古車を高く売る為の査定術

デリカと言えば。三菱自動車の中でも人気車種で、オフロード1ボックスカー、ミニバンとしてアウトドア、ウィンタースポーツなどで活躍する車として人気は高かった車種ですね!

 

本格的な4WD駆動、オフロード性能の1ボックスカー、ミニバンはデリカ以外に見当たらないですね!ライバル車種があまり見当たらないモデルとして三菱自動車のリコール隠しまでは、販売台数も多く、ミニバン市場でも人気が高かったと思います。

 

しかし、リコール隠し以降、デリカだけでなく、三菱自動車の車の人気は失速、それに伴い中古車市場でも三菱自動車の車は人気が失速し、売却が難しい車として買取査定価格も下落しました。

 

また、ディーゼル規制の影響もデリカに取っては向かい風で、デリカと言えばディーゼルエンジンでしたが、デリカスペースギアまではディーゼル車主流でしたが、デリカD:5からはガソリンエンジンになり、オフロードミニバンとしては魅力が半減してしまったと言えますね!

 

三菱自動車はリコール問題以外にもいろいろなトラブルをしてきたことで市場での信頼は地に落ちています。その三菱自動車のデリカははの中古車の売却もあまり良い結果にならないことも少なくありません。

 

では、デリカの中古車売却は損をすることになるのでしょうか?実際、デリカD:5は新車販売台数は、ミニバンとして少なく、中古車市場での流通台数もそれほど多くない車種だと言えます。
ですので、中古車販売価格も安定した価格を推移していると言えます。デリカD:5の中古車売却をお考えで少しでも高く売ることを希望されるのなら、出来るだけ多くの査定依頼が必要になると思います。
多くの査定を取ることによって、デリカの中古車を探している業者や買いたい業者を探すことが出来、結果、買取査定価格が高くなる確率が高くなります。
三菱ディーラーの査定はあまり期待できない面もありますが、一様、ディーラー査定も取り、その他の査定と比べてみるることも必要かと思います。
デリカの複数査定に便利なサービスが、車買取一括査定サイトの簡単車査定ガイドやカーセンサーネット簡単査定、スバット車買取比較などデリカ査定に利用したいサービスですので、この機会に是非ご利用ください。

 

  
  
  

デリカの歴史

※デリカスターワゴン

デリカスターワゴンは1979年から1986年まで発売された初代デリカワゴンです。1982年からデリカの代名詞、4WDモデルが発売されました。1ボックスワゴンタイプの車として今までの貨物車のイメージが強かった車種を乗用車としての知名度を上げた車種と言えます。

 

※デリカスターワゴン2代目

2代目デリカスターワゴン、三菱自動車の代表車種としてパジェロと人気車種になった車です。特に1ボックスオフロードモデルとして4WD車に人気が集まり。デデリカと言えば、4WD1ボックスカーというイメージが出来るほどの人気モデルになりました。
2代目デリカスターワゴンは人気があった事も有り1986年から1999年まで発売された長期モデルだと言えます。

 

※デリカスペースギア

デリカスペースギアは、デリカスターワゴンの後継モデルという位置づけですが、デリカスペースギア発売後もデリカスターワゴンが発売されるという事から後継モデルではないという声もあります。
デリカスペースギアは1994年に発売、オフロードミニバンとして人気が高かった4WDモデル、パワフルなエンジンなどで人気モデルになりましたが、2006年の生産終了時には、三菱自動車のリコール隠しなどの影響ももろに受けたモデルと言えます。

 

※デリカD:5

デリカスペースギアの後継モデルとして2006年の発売されたデリカD:5、競争の激しい ミニバン市場の中でもオフロード色の強いモデルで、根強い人気が有るモデルだと言えますが、販売台数は伸び悩んでいるモデルでもあります。
相次ぐ、三菱自動車のトラブルもあり、デリカのイメージも良くなく人気、需要は限定的なモデルだと言えます。
マイナーチェンジなどを繰り返し、10年以上フルモデルチェンジをしていないのはデリカも魅力でもありますが、母体の信頼が良くないので、デザインや性能が良くても販売には至っていないモデルだと言えます。