エスティマの売却、人気ミニバンは一括査定が有利

エスティマの発売は、1990年に初代エスティマが発表されました。卵をイメージさせる独特のデザインで、発売後すぐに人気車種になりましたね!

 

人気ミニバンの代表車種でもあるエスティマは、新車、中古車ともに人気が高く、特に中古車市場では需要が高いモデルで、高値で販売されるモデルも多く、中古車買取価格、査定価格も安定していると言えます。

 

エスティマの魅力は独特のデザインと安定して走行性、それとモデルチェンジのスパンが長いことではないでしょうか?この他にも人気モデルとしての魅力はたくさんありますが、中古車としての魅力は、モデルチェンジをあまり行わないことは重要です。

 

初代エスティマは、1990年から1999年まで9年間モデルチェンジがされませんでした。2代目エスティマは、エスティマの中でもモデルチェンジが早く2000年から2005年まで発売で5年でモデルチェンジされましたが、その分、3代目エスティマは、2006年から2017年現在もモデルチェンジされていません。10年以上モデルチェンジされていない日本車は少ないと思います。
まして、移り変わりに早いミニバン市場でのこのすまんですから、モデルチェンジしない車種としてエスティマは魅力十分ですね!

 

このように1990年に卵型のイメージのデザインで発売されたエスティマですが、2017年現在、まだ3代目までしか発売されていません。
中古車としてもモデルチェンジが少ないエスティマは値崩れが少なく安定している車種だと言えます。
初代エスティマ、2代目エスティマは、年式的にも中古車としての価値が少ないと思いますが、3代目エスティマは、2006年の発売以来マイナチェンジなどを繰り返し、年式、グレード、程度によっては、中古車買取価格も期待できます。

 

エスティマの中古車の売却をお考えで、少しでも高く売りたいと思われているからこそ、当サイトへ訪問されていると思います。
当サイトへ訪問されたのだから、是非、大事に乗ってこられたエスティマを、最大限の買取価格、中古車買取相場よりも高く売ってください。

 

まず、エスティマの中古車の査定を有利にする方法として、一括査定、複数査定は必須だと思います。ですので、車買取一括査定サイトを利用して複数業者の査定を比べることがエスティマの査定を有利に出来、高値売却に繋がると思います。

 

エスティマなどミニバンや人気車種の一括査定なら下記の車買取一括査定サイトがおすすめです。

 

エスティマの査定に強い車買取一括査定サイト

  
  

エスティマを査定に出す前に、査定に出す際に注意点

エスティマを査定に出す前に

エスティマの売却を考えた際には、どこかに査定に出すことになりますね!自動車、中古車の査定は、査定項目に沿って行われることがほとんどで、査定員は基準の価格からマイナス方式で査定していくことがほとんどです。
エスティマを査定に出す前にほとんどの方が気になるのが、キズやヘコミなどの外観の痛みではないでしょうか?自動車というのは消耗品です、使用していればキズやヘコミも出来ますね!
査定に際に、キズやヘコミを修理する方も見かけますが、キズやヘコミをお金をかけて直したとしてもそれに見合うだけの査定価格の上乗せは見込めません。ほとんど査定に影響しないこともあります。
売ろうとしている車をわざわざお金をかけて修理する必要はないという事です。これはキズやヘコミだけでなく、よく故障するキーレスや走行に支障がない箇所はそのまま査定に出すことをおすすめします。
逆に、エスティマなどミニバンに多いカスタム、ドレスアップで社外品、社外パーツで改造している場合は、ノーマルに直すか、ノーマル部品は用意する必要があります。改造車、カスタムカーは中古車市場では、あまり評価が良くありません、改造箇所にもよりますが、出来ればノーマルへの変更が査定には有利になります。

 

結論は、エスティマを中古車査定に出す前には、車外、車内の最低限の洗車、清掃、喫煙車は出来るだけタバコ臭、ヤニなどは取りましょう!喫煙車は中古車市場では低評価になりマイナス査定になります。
車体にキズやヘコミは修理代を掛けてまで直さない。
何より、査定員も人間ですので、綺麗に大事に乗ってきていることなどは高評価につながることもあります。
査定に出す前には、最低限出来る洗車、掃除はしておきましょう!

 

エスティマを査定に出す際の注意点

査定に出す準備が出来たのなら、査定を受けることになりますね!この際に、ほとんどの方が、トヨタディーラー、中古車店などへ自身で持ち込んで査定を受けると思います。
持ち込みの査定でも良いのですが、持ち込み査定の場合、あなたが車を売りたがっていると思われるので、査定に出した場合でも、期待以上の査定価格が出ることは少ないと言えます。
また、査定をする業者もプロですのでいかにも高い、他では出せないような買取価格の様な感じで査定価格を提示することも少なくなく、知らないうちに売却に納得させられることも珍しいことではありません。
また、持ち込み査定の場合、1社だけの査定になるので比べるものが有りません。その査定価格が適正価格、今現在のエスティマの買取価格なのかもわからないですね!もしかしたら、もっと高く売ることが可能かもしれません。
ほとんどの場合、持ち込み査定で最初に出される査定価格は低めの査定価格であることが多く、他の査定を取った際には大幅に査定価格がアップすることが多いと言えます。

 

このように、持ち込み査定というのは、売却する側には、あまりメリットは有りません。ですのでネットの車査定サイトなどで査定依頼して自宅や特定に場所まで査定に来ていただくほうが、相手もぎりぎりに査定価格の提示をしてくることが多いと言えます。わざわざ、時間を割いてあなたのところまで出張査定に来ているのに手ぶらで帰りたくはないですからね!
このように、持ち込み査定と出張査定では、雲泥の差が生まれるのですね!
また、ネットの査定サイトなら複数の業者への査定も簡単に出来るので、より有利な査定に繋がります。

歴代のエスティマ

※初代エスティマ

初代エスティマは、1990年に卵をイメージしたデザインでそれまでのワゴン車、ワンボックスカーのイメージを一新したミニバンという新しいモデルの車種です。
ミニバン市場の立役者の1台でもある初代エスティマは、1999年まで発売されました、姉妹車に5ナンバー使用のエスティマエミーナとエスティマルシーダも発売されています。
初代エスティマは、発売当初から話題も多く、すぐに人気車種としてミニバン、ワゴン市場で人気モデルになったモデルです。

 

※2代目エスティマ

2代目エスティマは、2000年にモデルチェンジされたモデルで、それまで姉妹車として発売されていたエスティマエミーナとエスティマルシーダは製造を中止しています。エスティマとして統合されたモデルです。
初代エスティマ同様、タマゴ型のイメージをそのままに、デザイン、走行性能、エンジン性能も向上、ミニバン市場を牽引する車種として販売台数も伸ばしたモデルです。
ミニバンとして初のハイブリッドモデルも発売され、ガソリン車、ハイブリッド車のラインナップで人気モデルとして2005年まで発売され販売台数も順調なモデルでもあります。

 

※3代目エスティマ

2006年にモデルチェンジされたモデルで、2017年現在も発売されているモデル10年以上モデルチェンジが施されていません。そろそろモデルチェンジも噂されていますが、ミニバン市場の激化やマイナーチェンジでの対応などで3代目エスティマの新車販売台数は順調だと言えます。
ハイブリッドモデルも性能面、価格面で魅力が有るモデルで、ガソリン車、ハイブリッド車ともに人気モデルになっています。
フルモデルチェンジが気になる時期ですが、魅力が有るミニバンとして注目されています。

関連ページ

ハイエース買取査定ガイド
ハイエースの中古車買取査定ガイドでは中古車市場でも人気のハイエースの中古車売却で簡単に有利な査定が出来るサービスや無料出張査定などを紹介、人気車種は一括査定や複数査定で最大限の査定価格を引き出そう!
プリウス買取査定
人気のハイブリッドカーのプリウスの中古車を高く買取してくれる業者の探し方、高値査定を引き出すために利用したい車査定サイト
アクア買取査定ガイド
アクアの中古車買取査定ガイド、販売台数トップの人気車種アクアの売却で少しでも高く買取して頂くための査定方法、有利な査定が出来るサービス紹介
ヴェルファイア買取査定ガイド
トヨタの人気ミニバンのヴェルファイアの中古車査定で高値査定が期待できる査定方法、有利な査定が出来る査定サービスを紹介しています。ヴェルファイアは、これを知っているだけで高く売ることが出来ますよ!
ヴォクシー買取査定ガイド
ヴォクシーを中古車買取相場よりも高く売る査定方法、ヴォクシーの買取査定が有利に出来る査定サービスを紹介
C-HR買取査定ガイド
トヨタの新型SUV車のC-HRの中古車買取査定情報を紹介しています。C-HR(シーエッチアール)を高く売る為の査定方法、利用したい査定サービスとは
シエンタ買取査定ガイド
トヨタ車コンパクトミニバンのシエンタ、3列シート、7人乗りなどファミリーカーとして人気車種を高く売る為に査定方法、売却方法
エスクァイア買取査定ガイド
トヨタのミニバン、エスクァイアの中古車買取査定を紹介しています。中古車として売却する際に少しでも高く売る為の査定方法や売却方法を紹介しました。