車を高く売るタイミングと時期

愛車を手放す際に、少しでも高く売りたい、買取を希望する方がほとんどだと思います。

 

中古車の売却の際に高く売れるタイミングや時期、季節があることをご存知でしょうか?

 

車を売るタイミングというのは、買い替えなど新しい車を購入するタイミングで古い車を売る場合、購入時期が売却時期になりますね!

 

このタイミングも出来れば、今まで乗ってきた車が高く売れる時期に売却したいですよね!

 

実際、中古車を高く売る時期というのはあるのでしょうか?

 

大手車買取チェーンの査定員に聞いてみたところ、1月から3月、9月から10月が中古車の流動が多くなる時期にあたり、中古車業者も積極的な買取をする時期だと言えます。
ですので、この時期に売却する方が、高値の買取、査定が出やすいということですが、絶対ではありません。
車を売る時期と言われれば、1月から3月と9月、10月だと答えるそうです。

 

また、車を売るタイミングとしてよく聞かれるのが購入から何年目までに売るのか?走行距離は何キロまでに売るのがいいのか?

 

これは、車検のタイミング、新車購入から3年目の1度目の車検のタイミング、2度目の車検のタイミングの5年目までは比較的、査定では有利で高く売れるタイミングだそうです。これ以降、7年目や9年目での売却は、買取金額的にもおすすめできないそうです。
走行距離に関しては、少ないに越したことはありませんが、年数の割りに走行距離が極端に少ない場合も評価が下がることがあります。

 

中古車の市場では、1年1万キロを基準に考えられるそうです、2年落ちの場合2万キロまでの中古車は高評価、5年落ちの場合、5万キロまでの中古車と言う具合です。
5万キロを超えると、中古車査定価格は、マイナス査定が大きくなる傾向にあります。
10万キロ超は、中古車としての価値、需要が極端に少なくなるので、売却のタイミングや時期の問題の論外だと言えます。

 

 

車検のタイミングで売ることでお得感と査定価格も車検の有無に関係ないのでぎりぎりまで乗って売却しても買取金額的には左右されることも少なくタイミング的には良いということです。ぎりぎりまで乗ることはあまりお勧めできませんが、車検近づいてきたタイミングで売却を早めに検討して行動することをおすすめしています。

 

しかし、中古車価格は、日々変化しています。1日違いで大きく買取金額が変わることもあります。ニューモデルの発売、モデルチェンジやリコール問題などで大きく金額が動くこともあります。

売却を検討しているのなら早いタイミングで売ることをおすすめしています。

 

また、車種にモデルによっても売却時期は、高く売れる時期が変わることもあります。例えば、ウィンタースポーツなどの需要が高める時期前には、SUV車や4WD車の中古車は高く売りやすいと言えます。

 

車を高く売るタイミングと時期のポイント
1月から3月、9月、10月の新車、中古車の流動が多きなる時期
新車購入なら車検のタイミング、3年後、5年後の売却がお得な売却のタイミング
売却を考えたのなら早めの決断と行動
1日1日中古車価格は変動しています。タイミングよりも早めに売ることが重要な場合も
車種やモデルのよって売却の時期やタイミングを考える、需要が多くなる少し前の売却

 

車を売るタイミングで特に注意すること

車の売却で特に注意しること

 

なんといっても一番、中古車査定圧覚の下落が見られるモデルチェンジです。車種によってフルモデルチェンジのタイミングは違うと思いますが、だいたい過去のモデルチェンジの時期、スパンを見れば、そろそろモデルチェンジをするのではとわかる場合もありますし、噂などでフルモデルチェンジの時期が分かることもあります。

 

中古車査定や売却では、フルモデルチェンジは結構、査定価格の下落が大きく、売却のタイミングとしては注意が必要だと言えます。

 

中古車売却のタイミングとしては、その車種の需要が多くなる時期の少し前に売却することや決算時期、車の購入が多くなる時期などが挙げられますが、特にその車の価値が下がる前に売却すること、モデルチェンジのタイミングを把握しておくことも重要だと言えます。

 

フルモデルチェンジは、噂だけでも査定価格が大幅に下がることもあります。噂が出てからの売却よりも先回りで売却できれば、損を最小限にすることが出来ると言えます。

 

ほんの数日、モデルチェンジ発表前と発表後では、10万円、20万円の査定価格の差になることもあるので、フルモデルチェンジのタイミングは、車の売却、中古車の売却では重要だと言えます。

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加