5年落ちの中古車を高く売る査定方法

新車購入から5年後、2回目の車検で売却される方も多いと思います。1回目の車検、3年後の売却も多いのですが、どちらかというと5年後の売却の方が多いというデーターもあります。

 

5年後、5年落ちの中古車の売却のタイミングは、高く売ることが出来る最後のタイミングかもしれません。5年落ち後の売却では、中古車としての価値が低下することがほとんどで、高評価での売却が難しくなると言えます。

 

中古車市場は、年式と走行距離には敏感で、どちらも中古車価格に大きく影響を及ぼす要素だと言えます。

 

年式の面だけで言うと5年落ちまでは、中古車としても売却しやすく、中古車店や車買取店でも積極的な買取が期待できます。逆に5年を過ぎると中古車として積極的に買取してくれる業者は減少すると言われ、査定価格も急激に下がってくると言えます。

 

ですので、新車を購入して次の車への買い替えなどの場合、車検のタイミングで売却するのが良いと言われるのです。

 

では、新車購入から5年後の車を売却する際に少しでも高く売るためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

新車への買い替えの場合は、ディーラーの下取りを出すことになると思います、ディーラー下取りが高く売れるのでしょうか?

 

そうですね!新車への買い替えの場合、次に車の購入資金にするためにディーラーに下取りする方がほとんどだと言えますが、ディーラーの下取りが必ずしも高値での買取になるとは限りません。

 

新車購入時の下取りで注意しなければいけないのが、新車価格の値引きや下取り価格などを一緒に計算され、上手に高く買取しているようにされることも多いのということです。
安く新車購入できたと喜んではいけません。

 

値引きや前車の下取り価格などは別々に考えて、別々に金額を出してもらうようにしましょう!

 

多分、ディーラー下取りは、それほど高値ではないことが多いと言えます。特に5年落ちの車の場合、ディーラー査定や下取りよりも中古車店や車買取店などの買取価格の方が高くなる傾向にあります。人気車種や、人気モデルなら特にこの傾向が強くなります。

 

 

5年落ちの車の売却を少しでも高く売る方法の結論は、手間をかけずに幾らでもいいので売却できれば良いという考えの方(当サイトへ訪問していないと思いますが)は、その車を購入したディーラー次の車を購入するのなら次の車の購入先のディーラーへ売却すれば、納車まで車を乗り続けることも出来ますし、手続きや交渉なども楽に出来ると言えます。

 

しかし、ディーラー査定や下取りよりも5万円、10万円、20万円の上乗せの査定を期待するのであれば、ディーラー査定だけで売却しないで、他の売却先の査定もと売ることをおすすめします。

 

車、中古車を高く売るコツ!というのは、多くの業者の査定を取ることに尽きると思います。

 

あなたが売ろうとしている車を探している業者や買取したい業者に売却するのが高く売るコツの1つです。買いたい業者に売ることで今現在の買取相場よりも高く売ることも出来ると言えます。

 

そうですね!5年落ちの車は、中古車市場でも需要が高いと言えます。

 

ですので、複数業者の査定が簡単に取ることが出来る車買取一括査定サイトの有利になります。

 

5年落ちの中古車高く売る=複数査定=車一括査定サイト

 

5年落ちの車を高く売る為のポイント

ディーラー査定や下取り、1社だけの査定で売却を決めない
車検ギリギリでの売却や査定は避ける
5年と言うタイミングを逃さない、売却を引き延ばさない
複数査定、一括査定のサービスを活用する

5年後に売却した際の査定価格、買取価格

トヨタ車の5年後の買取相場

ヴェルファイア ハリアー ヴィッツ プリウス
150〜385万円 170〜250万円 45〜100万円 70〜190万円

 

アクア クラウン ヴォクシー ハイエースバン
55〜110万円 170〜280万円 95〜175万円 100〜250万円

 

ホンダ車の5年後の買取相場

N-BOX フィット ステップワゴン レジェンド
55〜100万円 35〜90万円 90〜185万円 ------

 

S660 ヴェゼル フリード オデッセイ
------ 100〜180万円 60〜145万円 75〜200万円

 

日産車の5年後の買取相場

マーチ セレナ スカイライン NV350キャラバン
25〜75万円 85〜200万年 80〜250万円 93〜245万円

 

ノート エクストレイル エルグランド フェアレディZ
15〜50万年 85〜160万円 120〜200万円 200〜230万円
  このエントリーをはてなブックマークに追加