車売却時の自動車税の還付ってどうなの?

自動車、所有していると自動車税と自動車重量税の納付が義務づけられています。

 

自動車税はその年の4月現在に所有者に納付義務があります。ほとんどの場合4月、5月に自動車税の納付書が届きます。納付期限はほとんどの地域で5月末です。一部地域、青森県と秋田県だと思いますが、少し期間が違っていたと思います。

 

5月末までの納付していない場合、延滞金が付き、延滞金付きの納付書が送られてきます。

 

自動車税は、所有する自動車の排気量で税金が決められています。

 

用途 総排気量 税額
自家用車 1000cc以下 29,500円
自家用車 1000cc〜1500cc以下 34,500円
自家用車 1500cc〜2000cc以下 39,500円
自家用車 2000cc〜2500cc以下 45,000円
自家用車 2500cc〜3000cc以下 51,000円
自家用車 3000cc〜3500cc以下 58,000円
自家用車 3500cc〜4000cc以下 66,500円
自家用車 4000cc〜4500cc以下 76,500円
自家用車 4500cc〜6000cc以下 88,000円
自家用車 6000cc以上 111,000円
自家用乗用軽自動車 660cc以下 10,800円

 

以上が基本的な自家用乗用車の自動車税です。最近は、エコカー現在などもあるので上記以外の税率もあります。また13年以上経過した車は税率が上がります。

 

 

このように自動車税は、毎年、5月末の納付が義務づけられてのですが、もし自動車税を納付してすぐにその車を売却することになった場合、自動車税の還付が受けれるのか気になりますよね!

 

ここで1つ補足しておきますが、自動車税が未納の車は、売却することが出来ません。自動車の名義変更の際に自動車税納付書が必要です。

 

 

では、本題に入ります。

 

結論から言うと自動車税の還付は、その自動車を廃車した際に還付はされますが、売却の際には自動車税の納付書が必要になりますが、還付はされません。

 

え、自動車税の還付はないの?

 

はい、名義変更では自動車税の還付を受けることが出来ません。←結構勘違いしている方が多い

 

自動車の売却の際に、その自動車を廃車(永久抹消・一時抹消)した場合には、自動車税の還付を受けることが出来ます。その場合は月割りで還付されます。

 

自動車、車の売却の際に、廃車にすることは少なく、個人売買にしても業者への売却にしても名義変更と言う形になると思います。

 

そうですね!自動車税は還付されない。自動車税の残り期間が長ければ損しますね!

 

自動車売却時には自動車税は損をしています。名義変更の際に次の所有者に納付した自動車税は受け継がれています。

 

 

自動車ディーラー、中古車店、車買取店などへの売却の際にも自動車税の納付書がなければ名義変更が出来ないので売却が出来ない事になります。

 

では、自動車売却時に自動車税の残積を買取してもらえばいいのでは?

 

ほとんどの中古車を買取している業者は、自動車税の買取金を査定金額に織り込んでいます。契約書などにも記載されていることがほとんどです。

 

これでおわかりりだと思いますが。自動車税の還付は、廃車手続きをしなければ還付されません。普通の自動車の売却では名義変更になるので自動車税の還付はなしです。

 

ですので、自動車、車の売却の際に、自動車税の残積が多い場合は、売却の際に業者に少し上乗せして頂く交渉をしてみてもいいのではないでしょうか?

 

 

車売却時の自動車重量税の還付は

自動車重量税は、車検を受ける際に支払う税金で2年車検の際には2年分の自動車全量税を支払い、納付しています。

 

自動車重量税はエコカー現在提要などの車種も多く車種ごとモデルごとに納付金額が異なります。

 

では、自動車重量税は、車を売却する際に簡保は可能なのでしょうか?

 

無理です。簡保は基本ありません。自動車重要税は、廃車する際には還付されますが、名義変更では還付はありません。

 

車検時に支払い自動車重量税は、車検の残が多いほど自動車重量税は損をします。

 

ですので、車の売却の際には、車検切れ、車検が残りわずかになってから売却する方が得というわけです。

 

車の売却時、中古車店やディーラー、車買取店などへ売却した場合、自動車税のように上乗せの金額が出ることもあるのでしょうか?

 

自動車重量税に場合、査定金額に受動者重量税が上乗せされることはほとんどありません。

 

ですので車検を受けてすぐに売却することは、本来車検費用分を損するということです。車検残と自動車重量税は、査定価格に反映されることが少ない項目ですので、車検や重量税が多く残っているアピールをしてもその金額のプラスは見込めないということになります。


車売却時の自動車税、自動車重量税のまとめ

車を売却する際に自動車税と自動車重量税の還付のことを書いてきましたが、どちらの税金も納付後の還付は、廃車になった場合のみです。

 

車の売却では、廃車にすることはほとんどなく、名義変更になると言えます。ですので、自動車税、自動車重要税の還付は見込めないということです。

 

しかし、自動車税の場合、4月、5月、6月などで売却した場合、残席が多いこともあると思います。このような場合は、車を売却する業者に自動車税分のプラス査定や多少の上乗せの交渉はしてもいいと思います。
業者によっては、最初から上乗せした金額の査定を出している業者もあります。実際、上乗せしているのかはわかりませんが、車の売却の際の契約書などには自動車税のことも書かれているので後で自動車税のことを交渉しても無駄になることがほとんどですので、査定する段階で交渉を済ませてださい。

 

また、自動車重量税も廃車手続きをしなければ還付はありません。自動車重量税は車検時に納付されている税金で、車検残と同じ日数の自動車重量税が残っています。
車検のタイミングでの車の売却が一番理想だと言えますが、そうそう上手く車を売却できないこともあります。しかし自動車重量税は、還付も査定金額への上乗せも期待できないと言えます。

 

自動車税、自動車重量税共に自動車の売却の際に名義変更では還付はありません。自動車の売却は、自動車税、自動車重量税(車検残)を考量した売却が得だと言えます。

 

 

自動車重量税の廃車還付金制度

  このエントリーをはてなブックマークに追加