新車のオプション、ナビの選択 純正ナビ、それとも社外ナビ

新車を購入の際には、オプションの中でも金額の比率が高いナビは悩みますよね!

 

メーカーオプションの何の中にも20万円以上するナビから10万円前後のナビまで選ぶことが出来ます。また、純正ナビの中にもメーカーオプション、ディーラーオプションながあり、ほとんど頭の中がパニックになり、営業マンのいいなりにナビを選んでします方も多いのではないでしょうか?

 

また、純正ナビよりもリーズナブルな社外ナビなどもあります、カー用品店などで販売されているモデルですね!純正ナビと同等の性能のものが、安く販売さrていることが多いと言えます。

 

このように、新車購入の際にナビ選びに悩む方も多いのではないでしょうか?

 

実際、最近のナビは多機能で、性能を比較してもどれくらい必要な機能があるのかもわからないまま、ナビを選ぶことになります。

 

純正ナビと社外ナビの違いうところは?

 

・純正ナビ
メーカーオプションとディーラーオプションがあり、新車購入の際にはほとんどの場合、ディーラーオプションを勧められると思います。
では、メーカーオプションとディーラーオプションの違いは?
メーカーオプションは、後付けできないことが挙げられます、新車購入後に後からメーカーオプションのナビを後付けすることが出来ません。
ディーラーオプションのナビは、後付けすることが出来ますが、ほとんどの場合、新車購入時に選び、新車納車に際には付けられています。
また、純正ナビは、その車に合うようにデザインや寸法で製造されているので、ナビスペースにぴったり収まります。
ドライブレコーダーやETC連動など使い勝手も良くなると言えます。

 

・社外ナビ
多くのナビメーカーから好きなナビを選ぶことが出来ることや価格的にも純正ナビよりも安くつけることが出来るメリットもありますが、純正ナビのようにナビスペースにぴったり収まらないこともあります、微妙な隙間などが気になることもあります。
また、純正ナビのほとんどが3年保証なのに対して1年保証のナビが多く、ディーラーでの保障や使い方を聞けないというデメリットもあります。

 

純正ナビのメリット

 

・ナビの使い方やトラブルなどをすぐに聞くことや対応してもらえる
・納車時にセッティングされている
・ETCやドライブレコーダーとの連動が可能
・埋め込み式や凡用性がないため、盗難にあいにくい
・保証期間が3年と長く、ナビ更新などにも対応
・車の売却の際の査定に評価されやすい

 

社外ナビのメリット

 

・いろいろなメーカから選ぶことが出来る
・購入価格、予算を抑えることが出来る
・凡用性があるので乗り換えの際にナビを取り外せる

 

 

純正ナビ、社外ナビともにメリットもあれば、デメリットもあります。
新車購入の際のナビの金額は比率が高く、ナビ選びで新車購入価格も大きく変わることもあります。

 

最近のナビは、高性能でディスプレイのサイズも大型化しています。大型ディスプレイのナビは高額ナビが多く1インチ違いで大きく予算を抑えることも可能です。

 

自分の利用に必要なナビ選びが出来ればいいのですが、購入の際には、より高性能で高額なナビを選ぶことが多くなります。

 

長距離ドライブや知らない土地で運転が多くなる方は、高性能ナビを選んでも損しないかもしれませんが、近場の買い物や通勤だけの利用の車に高性能のナビは必要ないと言えます。

 

ただ、その車を売却する際には、純正ナビの方が、社外ナビよりも査定価格は有利になる傾向があります。

 

新車購入の際のナビ選びは、非常に難しいと言えますが、自分が必要とする性能、音楽を聴くことが好きな方は、音楽の取り込みが簡単で多くできるナビでスピーカーなどもこだわればいいですし、見た目重視の方は大型ディスプレイの高性能の純正ナビを選ぶことが無難だと言えます。

 

使う用途でナビ選びは変わりますが、後々のことを考えれば、純正ナビのそこそこのものを選べばよいのではないでしょうか?
また、ディーラーではお買い得のナビなども用意されていることやナビサービスなどのキャンペーンをしていることもあるので、お得感のあるナビ選びも需要かもしれません。

 

※純正ナビと車がナビ比較

項目 純正ナビ 社外ナビ
価格 性能の割りに高い 性能の割りに安い
取付 ピッタリ収まる 若干隙間が出ることも
慣用性 ない ある
盗難 されにくい されやすい
後付け 出来ない 出来る
車査定 純正ナビは評価される 社外ナビは評価されにくい

  このエントリーをはてなブックマークに追加