軽自動車が中古車で高く売れるって本当?

軽自動車と言えば、新車販売台数でも普通車をしのぐ勢いのある自動車で、普通車の販売台数が減少する中でも軽自動車の販売台数は年々増加しています。

 

国内の新車販売台数の上位のも軽自動車が顔を出すモデルも多く、軽自動車人気がうかがえます。

 

また、中古車として売却する際にも高く売ることが出来ると言われる軽自動車は、数年後の売却を視野に入れた購入も・・・・

 

 

では、軽自動車はなぜ、人気モデルが多いのでしょうか?

 

良く言われている理由として

 

・女性ドライバーの増加
・2台所有の自動車として
・軽自動車の走行性能の向上
・広い室内空間の確保
・安全面、装備の充実
・諸経費、税金面での優遇

 

などが挙げられます。

 

女性ドライバーの増加は軽自動車の販売台数の増加につながっていると言えますが、他の理由も大きく、特に軽自動車市場は過熱していると言えます。

 

軽自動車メーカーの新型車の発売はもちろん、安全性能、自動ブレーキなどの搭載、電動スライドドアなど普通車でも高グレードモデルにしか搭載さない装備を軽自動車でも選ぶことが出来るようになっているように、以前のように、軽自動車は安っぽい車、安全面、走行性能でも不満のある車種も少なくなっていることなども挙げられます。

 

ただ、軽自動車の新車価格も高くなり、コンパクトカーなどよりも高額モデルも発売されるなど、安いとイメージがなくなりつつあります。

 

軽自動車で人気の車種を見てみましょう!

 

軽自動車で人気の車種は、ホンダのNBOX、ダイハツのタントが特に人気が高く、2車種の共通点と言えば、スーパーハイトワゴンですね!広い室内空間と安全装置、充実の装備だと言えます。
また、女性の優しい電動スライドドアや男性ユーザーに人気のカスタムモデルなどの設定などが挙げられます。

 

新車価格も軽自動車の中でも高額な部類で、200万円オーバーのグレードもあります。

 

このように軽自動車を取り巻く環境は変わり、自動車を運転していてもすれ違う車に比率が軽自動車が多いことに気づきますよね!

 

 

本題ですが、軽自動車は人気の自動車ということはわかりますが、中古車とし売却する際にも高く売れると言われますよね!

 

実際、普通車に比べてリセールバリューが高く、3年、5年後の売却でも高く売れやすいと言えます。

 

では、軽自動車の中古車査定は、安定しているのか?

 

中古車市場の価格というのは、人気の需要のバランスで価格が決まると言えます。

 

また、軽自動車は値落ち率が低いと言われます。なぜ?

 

軽自動車は、1家で2代目の車として購入される家庭や免許証を取り立てで乗る方も多く、その場合、新車ではなく中古車としての購入を検討される方が多く、軽自動車の中古車の需要が高くなると言えます。

 

また、以前なら中古の軽自動車には性能面、耐久性に不安もありましたが、最近の軽自動車は普通車並みの耐久性で10万キロ、10年落ちでも故障がほとんどないことも珍しいことではありません。

 

中古車として軽自動車を購入しても故障や不具合のリスクは少なくなっていることも軽自動車の中古車が高く売れる理由の1つだと言えます。

 

軽自動車の中古車が高く売れると言われる訳の1つに新車価格の割りに、中古車買取価格が高いことが挙げられます。
軽自動車の新車購入価格は、ここ数年で高くなってきていますが、150万円前後だと言えます。

 

新車で150万円で購入した軽自動車を初めての車検の3年後に売却し際、車種やグレードにもよりますが、100万円前後の査定が出来る車種もあります。
また、結構、年式が古い軽自動車でも売ることが出来ることがほとんどで、普通車なら0円査定、1万円査定になるような年式の車でもも少し高値で買取してもらえることが多いと言えます。

 

軽自動車の中古車が人気の訳としては、諸経費の安さも挙げられます。自動車税、重量税はもちろん、消耗品なども安いこと、保管場所にも困らない、運転のしやすさ、細い道路が多い地域での運転が楽などから軽自動車は需要、人気ともに高いので中古車販売価格も安定、査定価格も安定していると言えます。

 

軽自動車が中古車で高く売れる訳 まとめ

需要、人気が高く、中古車店も売りやすい
諸経費、税金面、消耗品が安い
新車価格の高騰で中古車を選ぶ方の増加
性能、耐久性のアップで中古車としての価値の高まり

軽自動車を高く売るには、ディーラーか中古車店か

軽自動車は、中古車として高く売れるモデルや車種が多いことがお分かりいただけたと思います。

 

しかし、実際、軽自動車の売却の際にディーラーに下取りや査定に出した方の中には

 

「え、その金額しかならないの?」

 

と思うことも少なくないと思います。

 

軽自動車は高く売れると言われているのに、実際、査定に出して査定価格、買取価格に不満を持たれる方も多いですね!

 

 

では、なぜ、軽自動車の中古車は高く売れると言われているのに、実際に査定に出した際に、期待以下の査定価格が提示されるのでしょうか?

 

 

ずばり、査定方法や査定に出す業者の選択が悪い!!

 

 

ほとんど軽自動車は中古車としてのリセールバリューが高いと言われています。

 

実際に、軽自動車を3年後に売却した場合、コンパクトカーや人気にミニバンよりもリセールバリューが高い車種、モデルが多く、
当サイトが調べた数字からも高く売れる車種、モデルが多いと言えます。

 

 

 

軽自動車の売却でも普通車の売却でもそうですが、自動車の査定は、査定する業者によって金額が違います。

 

同じ車でも100万円の査定の業者もあれば130万円の査定の業者もあります。

 

査定する車が、その業者が欲しい中古車か。それほど必要でない車種かによって査定価格も違ってくると言えます。

 

 

軽自動車の査定でも言えることですが、査定に出す軽自動車を欲しがる業者に査定に出し、売却することで高く売ることが可能だと言えます。

 

また、ディーラーの場合、それほど積極的な買取をしないことが多いと言えます。

 

では、中古車店は、積極的な買取をしてくれるかと言えば、先ほども言いましたが、中古車店でも査定に出す車が必要か、必要でないかで査定価格も違ってくると言えます。

 

軽自動車の中古車は、高く売りやすい車種、モデルが多く、買取遺積極的な業者が多いと言えますが、査定先、査定方法で大きく買取価格が違ってくると言いましたが、もっと重要なことがあります。

 

 

中古車店や車買取店などの査定は、ディーラーの下取りや査定よりは高値の査定を出すことがほとんどです。

 

中古車店の査定で、ディーラーでは○○万円でした。

 

と言えば、ほとんどの場合、その金額より少し高い金額を提示してくると言えます。

 

しかし、この金額では高く売ったとは言えないこともあります。

 

ディーラーの下取りや査定は、ほとんどの場合、安値の金額を提示してきます。

 

ディーラー下取り価格や査定価格よりも高く買取してくれるのは当たり前ですが、その中古車店では、それ以上の価格で買取してくれるかもしれません。

 

 

そうです。

 

ここからが、重要で、軽自動車を高く売る査定方法としては、複数査定を取ることが重要で、売りたい軽自動車を買取したい業者の査定を2社、3社の査定が取れれば、期待以上に高値で買取してくれる業者も見つかると思います。

 

軽自動車の中古車も複数査定で、高く買取してくれる業者を探すのがコツで、複数査定を取ることで業者間での査定の競争や交渉が出来るので、より高く売ることも出来ます。

 

軽自動車の売却でも役立つのが、車買取一括査定サイトです。

 

特に軽自動車の中古車の一括査定におすすめの車買取一括査定サイトを下記から無料で登録できます。完全無料でご利用頂けるので、是非この機会にあなたの軽自動車の最高買取価格を調べてみませんか?

 


ダイハツの軽自動車中古車事情

※タント

ダイハツのタントと言えば、軽自動車の中でも1位、2位を争う人気車種で、新車販売台数も多く、中古車市場への流通台数も多い軽自動車です。
人気車種だけあって中古車販売価格は強気で中古車店や買取店の買取も積極的な車種がタントですので、上手な査定と売却先で高値売却で出来る軽自動車だといえます。

 

※コペン

ダイハツのコペンと言えば、軽オープンカー、軽スポーツカーとして人気が高く、マニアも多い車種だと言えます。
コペンは、軽自動車の中でもリセールバリューが高い車、モデルだと言われています。年式が古くても買取可能なケースも多くコペンも上手に売却できれば、高く売ることが出来る軽自動車です。
コペンの売却で注意する音と言えば、コペンの買取に積極的な業者、売りたいコペンの買取を希望する業者への売却が出来れば高く売れることもあります。

 

※ムーヴ

ダイハツのムーヴと言えば、ダイハツの代表車種で、人気モデルだと言えます。
タントやNBOXなどのスーパーハイトワゴンに人気を奪われていますが、以前は、ハイトワゴンとしてワゴンR、ムーヴと言えば需要、人気が高い軽自動車として人気モデルとして販売台数も多く、中古車としての需要が高いモデルでデザイン、性能面でも軽自動車として高性能モデルだと言えます。
1時代前の人気モデルのムーヴですが、中古車としての需要は高いので売却次第では高値で売ることも可能です。

 

※ウェイク

ダイハツのウェイクは、軽自動車の中でも室内空間が広く、最大級の移住空間を確保しています。
軽バンタイプの車種と同等の室内空間の軽乗用車で、安全装備などもタント並みで軽自動車で室内空間を確保したい方、車中泊を目的に車選びをされる方に人気が高い軽自動車がウェイクです。
ウェイクの中古車は意外に人気があるので上手に売却できれば、査定価格、買取価格も期待以上の価格での売却も可能かもしれません。
ウェイクの中古車査定も一括査定で複数査定を取ることが重要になると言えます。

スズキの軽自動車中古車事情

※ワゴンR

スズキのワゴンR言えば、軽自動車販売台数NO1にもなった人気の軽自動車でスズキの代表車種だと言えます。
軽ハイトワゴンとしてムーヴと1時代を確立した軽自動車で、人気車種、モデルとして中古車市場でも需要高いモデルです。
ワゴンRの中古車の査定は評価が分かれることが多いので高値で買取してくれる業者を探すことが重要です。

 

※ジムニー

スズキのジムニーは、中古車でも人気が高く、4代目ジムニーは新車購入でも半年待ちとも言われる人気車種です。
ジムニーの中古車は人気が高く、値崩れが少ない軽自動車として高く売れるモデルです。
ジムニーも中古車として売却する際には、ジムニーの中古車を積極的に買取してくれる業者を探し査定してもらうことが重要だと言えます。

 

※ラパン

スズキのラパンと言えば女性にも人気もモデルで、販売台数も比較的多く、中古車としても需要、人気が高いモデルです。
ボディカラーなどのよっても中古車としての人気が変わるのがラパンで、人気色のラパンは、比較的安定した買取価格が期待できます。
また、ラパンの査定は業者間の金額の開きが出やすいので、3社以上の業者の査定が好ましいと言えます。

 

※ハスラー

スズキのハスラーは独特のデザインで男性にも女性にも人気のモデルで、軽SUV車としてアウトドアに似合う車でありながらデザイン面では女性にも人気のモデルとして人気が高い軽自動車です。
ハスラーの新車販売台数は軽自動車の中でもトップクラスで、中古車でも人気が高いので、査定価格、買取価格も期待できると言えます。
ハスラーの中古車は、買取したい業者も多いので複数査定、一括査定が有効になると言えます。

 

※スペーシア

スズキのスペーシアは、人気のスーパーハイトワゴンで、ダイハツのタント、ホンダのNBOXという人気車種のライバル車として発売された車ですが、初代モデルはそれほど人気が出なかったと言えます。
2代目スペーシア、モデルチェンジ後のスペーシアはデザイン面でも性能面も高く、人気車種として販売台数も多く、中古車としても人気が高いモデルだと言えます。
軽ハイトワゴンは人気が高く、スペーシアの中古車も人気がるので売却方法、査定方法次第では高値での売却が可能だと言えます。

ホンダの軽自動車中古車事情

※N-BOX

N-BOX(エヌボックス)は、軽自動車人気NO1,新車販売台数NO1の軽スーパーハイトワゴンで、中古車でも人気が高いモデルです。初代N-BOX、2代目N-BOX共に人気が高く、モデルチェンジ後も安定した人気の軽自動車だと言えます。
軽自動車の中でも新車販売価格も高く中古車販売価格も高い車種だと言えます。
N-BOX、N-BOXカスタムは、中古車でも人気が高いので、査定価格も出やすい軽自動車ですが、査定方法、売却先次第では買取価格を高くも安くもなると言えます。
N-BOXなど人気の軽自動車は特に複数査定、一括査定が有利になるので、売却の際は、ネットの車一括査定サイトを利用しましょう!

 

※N-WGN

ホンダのN-WGN(エヌワゴン)は、N-BOXの人気で陰に隠れている車種ですが、ハイトワゴン車として実用性、燃費性能などが高く性能面に魅力のある軽自動車です。
中古車市場では、スーパーハイトワゴンほどの需要はないと言えますが、2代目の車、軽自動車として中古車での需要は高いモデルだと言えます。
N-WGNの売却も軽自動車の買取に積極的な業者の査定を複数取れれば、高値で買取してくれる業者を探せると言えます。

 

※N-ONE

ホンダのN-ONEは、コンパクトなデザインで運転しやすい軽自動車として、初心者方にも人気が高く、中古車としての需要も結構あります。
N-ONEの魅力は、デザインと走行性能だと言えます、女性にも人気のあるデザインのN-ONEは、中古車でも根強い人気があります。
またN-ONEカスタムは、男性にも人気があるモデルで、中古車としての売却も上手な査定や売却先を探せれば期待以上の価格の売却も出来るかもしれませんよ!

 

※N-VAN

ホンダの軽バンとして発売されているN-VANは、荷物の積載のことが考えられた軽自動車で、人気の軽キャンピングカー、車中泊のベース車として人気があります。
バモス、バモスホビオの発売が中止になったことでN-VANへの需要は高まると予想されます。
N-VANはホンダらしい軽バンで安全性はもちろん、走行性能もこだわった軽自動車で、仕事、プライベートでも人気がある車種、モデルです。
中古車市場でも流通台数が少ない割に需要が高いので、中古車販売価格、査定価格も安定しています。

 

※バモス・バモスホビオ

ホンダのバモス、バモスホビオは、軽1ボックスカーとして人気があったモデルですが、スーパーハイトワゴンの人気の押され販売台数も激減、とうとう販売が中止してしまいました。
中古車市場でもそれほど人気や需要がある車種、モデルではなく、査定価格、買取価格もそれほど高値が出ないと言えます。
年式的にも古いバモス、バモスホビオは、ほとんど価値がなくなっています。
しかし、販売中止で、軽キャンパー、軽車中泊のベース車としての需要が見込まれますので、売却の際には、一括査定などでバモス、バモスホビオを積極的に買取してくれる業者への売却が有利な売却に繋がると言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加