10万キロ走行の車は、なぜ買取価格が安くなるのか?

中古車市場では、10年、10万キロで良く区切られますよね!

 

10万キロ、10年以上の車は、中古車として価値がない、売れないと言われることが良くあります。

 

しかし、この10年、10万キロというのは、自動車の性能が今よりも悪かった時代から変わることなく言われていることで、現在の自動車の性能では10万キロという距離は、それほど走行距離が多いとは言えるのでしょうか?

 

普通にメンテナンスしている車なら走行距離が10万キロを超えていてもエンジンの不具合などはほとんどないと言えます。逆に10万キロ程度でダメになる自動車メーカーの車は売れないですよね!

 

しかし、10万キロの車は中古車市場では非常に嫌がられ、販売価格も安くなることがほとんどで、人気車種や希少車種、トラックなどの仕事での利用の車以外の乗用車などでは、10万キロという走行距離は、よろしくないですね!

 

 

では、なぜ10万キロという中古車は嫌がられるのか?

 

まず、イメージが大きいと言えます。10万キロ、10年落ちの中古車は故障や不具合が多くなると言われます。10万キロではタイミングベルトの交換やその他に消耗品の交換時期にもなります。

 

また、メンテナンスなども不透明な中古車は、どの部品を交換しているのか、不具合はないのか、エンジンの調子はいいのかなど故障のリスクや修理にリスクが高くなるからだと言われます。

 

 

でも先ほど、最近の自動車は走行距離が10万キロ以上でも問題ないくらいの性能、耐久性だと言われていましたよね!

 

はい、普通に乗って普通にメンテナンスされた車なら軽自動車でも走行距離が10万キロでも全然大丈夫だと言われて、実際10万キロ走行した車でも普通に乗られていると言えます。

 

 

10万キロ、10年落ちの中古車というのは、中古車市場での評価であって自動車の性能の評価ではありません。性能面では問題のない中古車でも10万キロ走っているから売ることが出来ないことも多々ありますし、10万キロ走っていても凄く調子のよい中古車だって多くあります。

 

特に年式が新しくて走行距離が10万キロの車の場合、走行距離は多いのですが、年式が新しいのでボディなども綺麗な場合も多く、消耗品の痛みも少ないと言えます。

 

中古車の走行距離は、1年に1万キロが基本に考えられることが多く、3年なら3万キロ走行でプラスマイナス0で、それ以下らなプラス査定、それ以上ならマイナス査定になることが多いと言えます。5年落ちなら5万キロという計算がされることが多く、中古車としての走行距離の観点から行くと10万キロなら10年落ちになりますね!

 

10年落ちで走行距離が10万キロなら中古車査定としての観点から普通ですが、このような車を査定に出した場合、ほとんど査定価格が付かないこともあります。

 

 

 

「10万キロ走行した車の買取価格は安くなる」の結論は、安くなると言えます。

 

程度が良い中古車でも走行距離が10万キロの場合、ディーラー査定や下取りでも中古車店、車買取店でもそれほど積極的な金額での買取は難しいと言えます。

 

 

走行距離10万キロ以上の中古車が嫌われる訳
一昔前のイメージで10万キロが自動車の寿命だと思われている
10万キロで消耗品の交換が推奨されることが多い
メンテナス次第では、故障や不具合が多くなる
10万キロの中古車で程度の良いものが少ない

今の車は10万キロ走行しても問題ないのか?故障しやすい部位とは

10万キロの走行でも最近の車は問題ないと言われること、聞くことが多くなってきていますね!

 

一昔前なら10万キロや10年で車の寿命だと言われていた時期もありました。よっぽど上手に乗らなければ10万キロや10年以上、不具合なし、故障なしで乗ることは難しいと言われていました。

 

現に、以前は、初年度登録から10年経過から1年車検になっていました。これは不具合が多くなる時期が10年や10万キロだと考えられていたことや10年で車の買い替えを推奨していたらからだと言えます。

 

しかし、自動車の進歩で10万キロや10年経過でも不具合や故障など少なくなり、2年車検でも問題ないと判断されたことで10年経過の自動車も2年車検になっています。

 

 

また、10万キロ走行でもエンジン、消耗品の品質の向上で寿命も長くなったと言えます。

 

10万キロの車で真っ先の交換が言われるのがタイミングベルトですね!10万キロ前後でのタイミングバルトの交換が推奨されています。車検のタイミングなどで10万キロ前後ならタイミングベルト交換を言われると思います。

 

しかし、最近は交換不要のタイミングチェーンの自動車も増えています、タイミングチェーンは以前からありましたが、性能面や静粛性の問題などであまり普及していませんでしたが、このようなことも解消される性能のタイミングチェーンなどの普及で、ここ数年でタイミングチェーンの車の増えてきています。

 

タイミングチェーンは交換不要と言われることがありますが、もちろん自動車の部品で交換が必要になることもあります。タイミングベルトはゴム製品ですので経年劣化は避けれません。しかしタイミングチェーンは金属性ですのでゴム製よりは耐久性に優れていると言えます。タイミングベルトが10万キロの交換が目安なのに対してタイミングチェーンは30万キロ以上だと言われます。
さすがに、乗用車で30万キロ以上走る方は、今のところ少ないですからほとんど交換不要だと言われています。

 

 

このように、10万キロ走行した車では、ゴム製の部品、足回りのダンパーやブレーキホースなどのホース類はゴム製品が多く経年劣化は避けられません。
特に足回りは走行距離が多くなれば、交換部品も多くなると言えます。

 

ブレーキディスク、ブレーキパットの交換やタイヤも消耗品です、10万キロ走れば2、3回交換が必要ではないでしょうか?

 

ベルト類も走行距離が多くなれば交換時期が必要になりますね!

 

 

このように10万キロ走行した車は、消耗品の交換なども多くなります。しっかり交換していれば不具合なども起きにくいと言えますが、消耗品の交換時期、消耗具合は部位によって様々ですので、信頼できる修理工場やディーラーなどで定期的に検査している車なら10万キロ走行していても安心して乗ることが出来ると言えますが、消耗品の交換を疎かにしている過走行車は問題あるると言えますが、メンテナンスをしっかりしている過走行車、10万キロ以上走行した車でも問題は少ないと言えます。

 

10万キロ走行の自動車の故障しやすい箇所、交換が必要な部品
タイミングベルトの交換
ミッションオイル、ATオイル、ギアオイルなどの交換
ファンベルト類の交換、ゴム製ベルト類の交換
ショック、足回りの点検、交換
駆動系の点検
ダイナモ類の交換もあり得ます
ラジエターの点検

 

走行距離10万キロの車の点検、交換部品の修理、交換費
走行距離10万キロの車の点検、交換部品の費用は車種やモデル、グレードのよっても違ってくると言えますが、
相場としては、10万キロで10万円〜20万円だと言われています。

 

もちろん、交換部品や修理箇所、車種によって違ってくるので一概には言えません。
ディーラーでしっかり点検して、交換する必要がある部位、交換が迫っている部位などを調べることをおすすめします。


走行距離10万キロの中古車は買いか?安く中古車を購入するコツ!

10万キロ走行した車は、中古車販売価格も割安感があります。

 

最近の自動車の性能、耐久性から考えると10万キロという走行距離は車の寿命ではなく、上手に乗れば10万キロ、20万キロ、30万キロ乗れるだけの耐久性があると言われます。

 

中古車を購入する際に年式の割りに安いと思われる中古車のほとんどが走行距離が多い車か事故車です。

 

特に10万キロ以上走行している中古車は、中古車として人気の車種でも割安で販売されていることも多く、予算内で気に入った中古車選びや安く中古車を手に入れた方には魅力のある車だと言えます。

 

しかし、走行距離10万キロの中古車は故障や交換部品などのリスクもあると言えます。耐久性や性能が向上したとはいえ整備やメンテンアスがしっかりしていなかった過走行車は故障のリスク、不具合のリスクがあり、中古車と購入した後に思ってもみなかった修理代、簿品交換費用が掛かり、購入価格が安かった分を持ち出いっすこともあります。
このリスクがあるから、10万キロ走行の中古車や10年落ち以上の中古車を購入する方は少なく、販売価格も安くなるyと言えます。

 

走行距離10万キロ以上の中古車の購入の際にはチェックしたい項目もあります。

 

まずは、定期点検記録簿です。
定期的に整備されていたことが確認できる書類で、10万キロ車でも点検されている中古車なら安心できるとえいます。

 

次にメーカー系の中古車ディーラーです。
メーカー系の中古車ディーラーで売られている10万キロ走行の中古車なら程度が良く、故障にリスクは少ないことや1年保証などが付くので安心です。
ディーラー系の中古車販売店は、他よりも少し割高感がありますが、10万キロ走行車の中古車購入にはおすすめです。割高と言っても10万キロ以上走行している中古車はディーラー系中古車でも割安です。
後、年式も重要な要素で、年式が古い過走行車はできれば避けましょう!

 

中古車の走行距離は、年に1万キロが基本に考えられています。10万キロなら10年落ちということになりますが、10年落ちで10万キロの中古車を購入する方は少ないと思いますが、年式の古い10万キロ車はあまりお勧めできません。
走行距離10万キロ、5年落ちなら年に2万キロの走行です、自動車にとってもこれくらい走行した方が調子が良い場合も多く、お買い得感があります。
また、最新車種、モデルなら3年落ちで10万キロ車は割安感があります。

 

普通、3年落ち、初めての車検のタイミングでの売却の場合、年1万キロと考えると3万キロになります。3年落ちの中古車は5万キロくらいまでは比較的、販売価格も高めですが5万キロを超えて6万キロ以上になると販売価格が安くなる傾向にあります。
走行距離が10万キロになるとお買い得感は凄く出てくると言えます。

 

ここで1つ、過走行車のことを書いていますが、年式の割りに走行l距離が極端に少ない中古車も過走行車同様購入には注意が必要になります。
例えば、3年で1万キロしか走っていない中古車は、販売価格も割高ですが、年に3000キロ程度の走行距離です。
多分、休日だけの利用だと思いますが、ほとんど自動車を動かさない期間が長いと逆に自動車の調子が悪くなることやラジエターやタイヤ、ブレーキなどの不具合も出てくることあります。

 

自動車は、適度に動かさないと駆動部分にオイルが回らず錆などの原因にもあります。
走行距離が年式の割りに少ない中古車は、これに当てはまるので、自動車自体は綺麗な状態ですが、駆動系などが悪くなっていることもあるので、低走行車も過走行車以上に中古車として購入する際には注意してください。

 

では10万キロ以上走行した中古車を健闘されている方

 

例えば、年に1万キロ以下の走行距離の方なら10年で10万キロです、トータル20万キロになります。普通にメンテナンスすれば消耗品などの交換は出てきますが、10年程度乗り続けることが出来ます。
10万キロ走行していると言っても年式が新しければ、10年くらいは問題なく乗ることが出来ると言えます。

 

また、通勤などで毎日乗る方なら年間の走行距離も多くなるので走行距離の少ない年式の古い中古車よりも年式の新しい10万キロ走行の中古車の方が購入金額が同じでも新しいモデルの購入が可能で長く乗ることが出来ることも考えられます。

 

走行距離10万キロの車でも程度の良い、メンテンナス、整備のしっかり出来ている中古車ならお買い得でお目当ての車種、モデル、グレードを手に入れることも出来るのではないでしょうか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加