自動車の売却や処分に必要な書類

自動車、車を売却や処分する際には、名義変更や廃車を委任する際などに必要な書類とは

 

車の種類にによっても多少、必要書類が違いこともありますが、一般的な車売却や処分の際の書類を紹介しています。

 

 

※軽自動車の売却に必要な書類

自動車検査証

一般的に車検証と呼ばれる車検を受けたことを証明する証書です。
確認しておきたい項目は「所有者の氏名又は名称」が自分名義なのかを調べておきましょう!
ローン中の場合、信販会社や自動車販売店名義の場合もありまので確認しておきましょう!
自動車検査証を紛失されている場合は、登録した陸運局で再発行が可能です、(有料)

自賠責保険証明書

自動車の所有者が強制的に入る自動車保険です。自賠責保険と任意保険との違いが分かりにくい方も多いようですが、任意保険は強制ではない保険です。
自賠責保険証の紛失の場合は、加入した保険会社で再発行が可能です。(無料)

軽自動車納税証明書

毎年4月前後に納税書が届く保険で軽自動車税です。軽自動車納税証明書の紛失に際には都道府県税事務所で再発行が可能です。(無料)

印鑑(認印でOK)

軽自動車の売却や処分の場合の印鑑は認印でOKです。印鑑証明書などは必要ありません。

リサイクル券

 

※普通自動車の売却に必要な書類

自動車検査証

一般的に車検証と呼ばれる車検を受けたことを証明する証書です。
確認しておきたい項目は「所有者の氏名又は名称」が自分名義なのかを調べておきましょう!
ローン中の場合、信販会社や自動車販売店名義の場合もありまので確認しておきましょう!
自動車検査証を紛失されている場合は、登録した陸運局で再発行が可能です、(有料)

自賠責保険証明書

自動車の所有者が強制的に入る自動車保険です。自賠責保険と任意保険との違いが分かりにくい方も多いようですが、任意保険は強制ではない保険です。
自賠責保険証の紛失の場合は、加入した保険会社で再発行が可能です。(無料)

自動車納税証明書

毎年4月前後に納税書が届きます。納税したという証明書です。紛失している場合は都道府県税事務所で再発行が可能です。(無料)

印鑑証明書

軽自動車の売却や処分には必要ない印鑑証明書が普通車の売却、処分には必要です。

実印

実印も同じく普通車の売却、処分には必要です、認印不可

リサイクル券
委任状・譲渡証明書

 

以上は、軽自動車、普通自動車の売却や処分に必要な書類です。

 

他にも住所が車検証と違っている場合には、現住所の「住民票」が必要です。

 

また結婚などで名字が変わっている場合は、名字が変更したことを証明する「戸籍謄本」が必要です。

 

名義人が死亡の場合は、「死亡証明書」などが必要になります。

 

 

自動車の処分に必要な書類は以上ですが、

 

あれば査定に有利になる書類としては「整備記録簿」です。

 

整備記録簿は、きちんと整備されていたかとを証明する記録簿ですので、中古車としての価値を上げる書類としては有効な書類と言えます。

 

自動者を売却するにしても廃車などの処分をするにしても業者に依頼した方が、手続きが楽ですし、手数料なども節約できることが多いと言えます。

 

中古車として売却出来る車の場合は、ネットの車買取一括査定サイトなどを利用して査定すれば、買取金額がわかります。

 

また、中古車として価値がない、売却負荷の車でも廃車代行業者に依頼すれば少ない金額でも買取が可能なケースも少ないありません。

 

※自動車税の還付

自動車税は、毎年4月に自動車税納付書が自動車の所有者の住所に届きます、1年分の自動車税を納付するのですが、その期間内に廃車(一時抹消登録・永久抹消登録)をした場合、月割りで還付を受けることが出来ます。
手続き方法は、抹消手続きを行うと同時に還付手続きも行われます。手続きから1ヶ月〜3ヶ月程度で還付金の通知ハガキが届くのが普通です。
還付金の受け取り方法は、口座振り込みか金融機関で換金出来る通知書が届きますので通知書を金融機関に提出すれば還付金の受け取りが出来ます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加