車査定で、査定に出す車のキズやへこみの減額は

車査定の際の

・車のキズやへこみは減額対象?
・キズ、へこみは減額されるなら幾らくらい減額されるの?
・キズ、へこみのある車でも高く売る方法はないの?

車を査定に出す際には、キズやへこみがない綺麗な車の方が高く売れることは間違いないですね!

 

しかし、キズやへこみがどれくらい車査定に影響するのか?キズへこみでどれくらい減額されるのか?を調べました。

 

 

キズへこみは査定の際にどれくらい減額されるのでしょうか?
キズやへこみには、大きさや幅があると思います。
大きな目立つキズやへこみは、もちろん、査定の減額対象になることもありますが、

 

基本、1cmや2cm程度のキズやへこみは査定価格のそれほど影響しないと言われています。

 

言われています、というのは、キズやへこみの対しては査定業者によって評価が変わることがあるからです。

 

小さなキズやへこみには見向きもしない業者もあれば、気にする業者もあるということです。

 

キズやへこみのある車は、査定に出す業者によって評価や減額される金額も変わってくるということです。

小さなキズやへこみは中古車なら多少は出来るというのが基本的な考えだと思いますが、

 

車を売却する際には嫌いな方が高く売れることは間違いありません。

 

よく聞くのが、査定に出した際に、キズやへこみを査定の対象にしていない査定業者の場合、

 

直接キズ、へこみの減額には触れませんが、間接的に査定価格を低くして減額しているケースもあります。

 

逆に、キズやへこみのことを口実に査定価格を減額する業者などもあります。

 

 

キッズやへこみは少しくらい大きくても事故車扱いにはならないので、基本的な査定の減額対象にはならないので

 

査定をする業者によっても違いますし、査定員によっても評価が変わると言ってもいいですね!

 

 

軽度のキズやへこみのある車の査定で、その傷やへこみに対して大幅に査定の減額をしてくる業者や難癖をくけてくるような業者は

 

査定業者としては注意が必要で、あまり売却したくない業者と言えます。

 

実は、自動車の査定には「日本自動車協会」という協会に加盟している会社、業者は基本的な「査定基準」が定められています。

 

 

その基準に従えば、キズやへこみは大きさで10点単位で加点、減点を行うことに定められています。

 

1点は約1000円として査定額に反されます。

 

自動車の査定の際のキズやへこみには基本的な減額点や減額金額が定めれていますが、これはあくまでも基本的な基準です。

 

日本自動車協会の査定基準では

キズ、へこみの大きさ 減点
1cm未満 0点
1cm以上10cm未満 10点
10cm以上30cm未満 15点〜30点
30cm以上50cm未満 20点〜80点
50cm以上 65点〜150点

キズやへこみの大きさで10点から150点の減点が行われます。1点1000円で計算されるので最高で15万円の減額になります。

 

実際は、査定の際の査定員の裁量次第だと言えます。

 

キズやへこみの査定価格の減額やマイナス査定は、査定に出す業者や査定員次第で大きく変わるということです。

 

日本自動車協会のさて基準では、キズやへこみを減点方式で査定していますが、キズやへこみの全くない車は加点されるという特徴もあります。

 

 

少し話がそれましたが、キズやへこみも査定基準でしっかり定められている項目で1cm未満のキズやへこみは減点対象にはなりません。

 

小さなキズやへこみを査定の際に突っ込まれたら、その業者を疑った方がいいかもしれません。

 

逆に小さなキズやへこみを査定の対象にしない査定業者は信頼できるかもしれません。

 

 

キズやへこみのある車を査定に出す際には、査定に出す業者で評価、査定価格が変わることも多く、

 

査定金額も大きく変わることもあるので、出来れば、複数業者の査定を取ることおすすめします。

 

2、3社の業者に査定を出せば、だいたいの査定金額、買取相場がわかるだけでなく、高く買取してくれる業者を探すことが出来ます。

 

キズやへこみのある車の査定は、業者によって評価や査定価格が大きく変わることがあるので、基本は複数査定を取りましょう!

 

 

その際に利用したい車査定サイトが、車買取一括査定サイトです。

 

中でも提携業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。

 

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加