車売却の際のトラブル

車を査定に出し、売却する際にトラブルに遭われる方も少なくありません。

 

契約後のキャンセルや強引な買取、査定価格の減額、契約書の見落としなどのよるトラブルなど

 

車の売却の際のトラブルは後を絶たないと言えます。

 

 

車を売る際にトラブルで多いのが、査定業者の強引な買取と契約後のキャンセルなどが挙げられます。

 

後者は、売却側の都合でのキャンセルになりますね!

 

しかし、実際、査定に出して査定価格に納得されたにもかかわらず、後日、売却をキャンセルされる方は後を絶ちません。車の売買契約ではクーリングオフが使えません。

 

売却する車で売買契約をしてしまってから気が変わる方も多く、車の売却ではトラブルが多いと言えます。

 

この場合ですと、ほとんどの場合、契約書に違約金などの項目があり、違約金の請求が行われます。違約金が高額でキャンセル出来ないこともあります。

 

車の売却をする際には、本当に売却してもいいのか?家族の同意や次に購入する車は決まっているのかなどはっきりしない場合は、契約書へのサインは控えましょう!

 

車買取業者に中には、今契約してくれたらこの金額で買取しますなど、契約を急がせる業者も多いと思いますが、即決をしないことがトラブルを避ける解決策だと言えます。

 

 

次に、自動車ディーラーなどの査定では、強引な買取に出くわすことはありませんが、少しでも高く売る為に中古車店や車買取店で査定を取った際に強引な買取を要求されることもあります。

 

特に最近多い、出張査定での車の買取は、強引な業者に出くわすこともあると言えます。

 

このトラブルの回避方、解決方は、出張査定をしないことですが、車査定の出張査定は便利なサービスで、仕事の忙しい方や車を査定にもっていく時間がない人にはありがたいサービスで車を高く売る為にも利用したいサービスだと言えます。

 

強引な車の買取を避けるためには、出張査定の際に誰かに立ち会ってもらうことや複数業者の査定を利用している際には、同じ日、同じ時間に2社以上の業者の査定を依頼しましょう!

 

ライバル会社、業者が居れば、強引な買取を避けることが出来ると言えます。

 

また、強引な買取で契約書などへのサインを求められても絶対にサインはしないでください、車の売却はクーリングオフが使えません、サインした時点で、キャンセルできなくなります。またどうしてもキャンセルする際には違約金が発生します。

 

他にも中古車ということで故障や不具合のある車を売却、処分することもありますが、査定に際に不具合などを聞かれた際は、正直に質問に答えてください。後日、不具合などがが見つかれば、トラブルなどに発展することもあるので、分かっている不具合などは正直にお伝えください。


車査定や売却でトラブルに遭わないために

車の査定や売却でトラブルに遭わないためには、査定に出す業者の評判や口コミを調べる。最近は大手の中古車店や車買取チェーン店などはネットで調べれば評判はすぐにわかります。
あまりにも評判の悪い業者は避けることがトラブルの避けることに繋がると言えます。

 

有名店や名前の知れた車買取店でも各支店や営業所ごとに評判も違ってくることもあります。あなたの地域の店舗の評判、査定員の対応などはネットでも調べることが容易だと言えます。
また、車を査定に出す際には、複数業者に査定を出すことをおすすめします。

 

ネットの車一括査定サイトなどを利用すれば簡単に複数業者の査定を取ることが出来ます。この際に、複数業者の査定は同日、同時刻に依頼出来れば、車査定の際のトラベルを避けることに繋がります。

 

 

車を査定に出して、ネットくできる査定価格、買取価格の業者が見つかり、契約書にサインする前にもう一度確認しておきたい項目があります。

 

買取金額、売却金額の確認と返却される保険、自動車税などがあれば金額の確認もしましょう!

 

また、査定価格、売却価格が契約書に記載されている金額と相違ないかも再確認してください。

 

次に、売却後の振り込み期日と車の引き渡しなども確認しておきましょう!

 

車を毎日利用している方なら次の車が納車されるまで乗ることが出来るのか、すぐに引き渡さなければいけないかなどは確認が必要です。

 

名義変更に必要な書類の確認と名義変更にかかる費用なども確認してください。買取してくれる業者が名義変更を代行してくれると思いますが、その代行費用などが発生するのなら金額の確認は必要です。

 

最後に契約後のキャンセルをする場合のキャンセル費用、違約金なども聞いておきましょう!

 

もしも、キャンセルすることになるとも限りません。契約後のキャンセル違約金の確認をしておけば、もしもの時に対応がしやすくなります。

 

 

それでもトラブルに遭った際の対処法

車の売却のトラブルに見舞われることはあると思います。いくら気を付けていてもトラブルが避けられないこともあります。

 

もしもの時にトラブルで、自分では対処できないこともあります。

 

そのような、自分の手に負えないトラブルの際には、国民生活センターに相談しましょう!
消費者トラブルなども扱っているので、トラブルに遭われた地域の消費生活センターの紹介、電話番号などを調べることが出来ます。

 

また中古車買取業者のガイドライン制定などの活動をしているJPUC車売却消費者相談室です。

 

車売却のトラブルなどの問題を解消するための相談をしているので、トラブル解決に役立つと思います。

 

JPUC(一般社団法人自動車購入協会)の加盟店も多いので車売却のトラブル相談はJPUC車売却消費者相談室に相談しましょう!

車査定、車売却のトラブル以外に注意したい事

車を査定に出す場合に、ネットの車査定サイトや一括査定サイトを利用した際に多いのが、しつこい電話連絡です。

 

登録後に査定業者からの連絡は来るのですが、業者の中には何度も連絡の電話をしてくる業者もあります。

 

特に車一括査定サイトを利用した場合、登録してすぐに電話が鳴ることがほとんどで、それも複数の業種社から電話がかかってきます。結構な数の電話対応になることも少なくなく、これだけで結構な時間を取られるだけでなく、中には、しつこいほど電話をしてくる業者もあります。

 

最近は、電話でしつこくされることは少なくなっていますが、少し前までは、一括査定サイト=電話うざい

 

と言われるほど電話で車の買取依頼が来ていました。

 

電話の対応が悪く、この業者とは取引したくない際にもそのような業者に限って何度も電話してきて、嫌になることもあります。

 

車一括査定サイトを利用した際には多少の電話は仕方がないことで、人気のない車や年式に微妙な車などを登録した際には、まったく連絡がないこともあるので、連絡が来るということは、高く売るチャンスがあることと思い少しは期待できると思いましょう!

 

しかし、あまりにもしつこい業者は、「もう、売却先が決まった」ことを伝えることで、連絡を断ち切ることが出来ると思います。

 

電話番号を知られているのであまりトラブルになるような言動は避けたいので、断るときは、「取引が完了した」などを正確に伝えることで電話がかかってこなくなると言えます。

 

車一括査定サイトが便利で車の売却ではおすすめのサービスですが、登録後に多くの業者からの連絡が来ることや出張査定などで時間を取られることなども考慮してご利用ください。

 

トラブルまでの発展はほとんどありませんが、ネットの車査定サイトの利用で注意したいことを書きました。


  このエントリーをはてなブックマークに追加