動かない車の買取査定

動かない車、動かせない車の処分にお困りの方、自動車を動かすことなく無料で査定や引き取りが可能なサービスを紹介しています。
普通なら引き取りい手数料や出張査定なども有料になることも覚悟が必要な不動車、車検切れで公道を走ることが出来ない、バッテリー上がりでエンジンが掛からない、故障で動かない車や事故車など動かない車の買取査定、処分方法を紹介しています。

 

動かせないので査定などの持ち込めなくお困りの方にもネットから申し込みが出来る査定サービスや無料出張査定、無料引き取りが出来る車買取査定サービスなどを紹介しています。

 

動かない車、不動車でも意外に高値で売却できることもあります。無料、有料で処分することだけ考える前に売ることも考えながらあらゆる方法で少しでも得になる処分方法を選択できるための情報サイトですので、動かない車だから買取は出来ないと思わないで、まずは無料査定で車の価値を調べてみましょう!

 

また、年式、程度、走行距離など動かない車、不動車、故障車でも意外に高く買取してくれるケースも多々ありまので、簡単に利用できるネットの査定サイトで査定を依頼しましょう!

 

動かない車の処分に2通りあると思います。処分したい車が中古車が何らかの理由でまだ、価値が残っていて売却が可能なケースと年式や程度が悪く、査定に出すことも出来ない車がありますね!

 

前車の動かない車の場合は、売却を前提に、車買取査定サイトでまずは、査定に取ることをおすすめします。動かない車でもネットの査定サイトなら無料で出張査定をしてくれる動かせない車でも安心して査定に出すことが可能です。
ただ、売ることが出来ると思っている車でも実際、車査定サイトに登録しても買取してもらえないこともあります。
まずは、売ることが出来るのかを確認するためにも車買取一括査定サイトに登録してみましょう!

 

後車の場合は、廃車という形になると思います。動かない車、動かせない車を廃車にする場合は、その車を解体業者などに持ち込んで証明書をもらう必要があります。この際に解体業者まで運ぶためにレッカー代などが必要になります。
結構、レッカー料金は高く、廃車にする車にお金をかけるのは嫌ですよね!しかも何万円ものレッカー代はきついですよね!

 

ですので、廃車にすることを決めている動かない車の場合、廃車代行や廃車の買取をしている業者に処分をお願いするのがいいですよ!

 

廃車買取や廃車無料処分が可能なサービスも紹介していますので動かない車の処分のお困りの方は、是非ご利用ください。

 

自分でレッカー代や廃車手続きをするのはお金も時間もかかりますよ!

 

 


動かない車、不動車のおすすめの査定方法、処分方法

動かない車、不動車と言ってもその理由は様々です。

 

車検切れで動かせなくなった車の場合は、故障や破損など中古車として致命的な事も少なく売却が可能なケースが多いので普通の査定サイトを利用したほうが良いと思います。
バッテリー上がり、パンクなど原因が分かっている不動車、動かない車の場合も買取可能なケースが多く査定してみる価値はあります。
逆に、故障や長期間放置していた車は、査定に出しても価値がほとんどないことも多く、無料でしか引き取り出来ない事や有償での引き取りなども地域によっては有ります。また廃車手数料などの請求もありますので、処分するのにお金が掛かることも少なくありません。このような車の場合は、廃車買取サービスなどを利用すれば、1万円〜の買取で廃車手数料なども無料で代行してくれるので持ち出しのお金を控えることが出来るのでおすすめです。

 

動かない車、不動車、故障車、事故車など査定に持ち込みできない、処分するために持っていけない車でも出張査定の利用や無料引き取り、無料廃車代行を利用すれば、金銭的な負担なく処分することが可能です。
また、車種や年式によっては、買取していいただけるので、お金に換えることも可能ですので、動かない車の処分方法としては、まずは、無料で利用できる車一括査定サイトで査定依頼してみる、ここで反応がない場合は、廃車買取サイトなどで買取依頼する方法が、不動車の処分方法としては一番おすすめです。

 

当サイトのおすすめの査定サイト、廃車サイトを下記のに紹介していますので、まずは、下記の2サイトに登録してみてください。無料で利用できるサービスですので、是非利用してみてください。

 


動かない車、不動車の買取、処分におすすめのサービス

ズバット車買取比較

 

動かない車、不動車でも無料査定が可能なサービスで、一括査定の依頼も同時にできる査定サイトが、ズバット車買取比較です。
全国に150社以上の業者の提携している車買取一括査定サイトで、無料出張査定などサービスも充実しています。
動かない車、不動車、事故車でも中古車市場で価値が有る車なら買取可能で、一括査定サイトですので、その車に興味のある業者へ査定依頼が可能ですので査定も期待できます。

 

動かない車、故障車、車検切れ車、事故車、パンク、バッテリー上がりなどの車の出張査定で問題なく処分が可能なズバット車買取比較で、簡単に売却してください。

 

ズバット車買取比較の無料一括査定

 

 


廃車買取のカーネクスト

 

上記の車査定サイトに登録、利用してみても問い合わせがなかった車は、廃車という選択になると思います、その場合、少しでも手間とお金が掛からない方法で、処分したいですよね!
そこで役立つのが、廃車手続きや無料で引き取り処分が可能な廃車代行サービスを利用しましょう!

 

自動車を廃車する際には廃車手続き費用や廃車を代行して頂くのであれば、代行費用や自動車を引き取る為にレッカー代などの費用が必要になることもあります。
このような費用を掛けずに、動かない車を処分、廃車するために利用して頂きたいサービスが、カーネクストです。
廃車にするような車でも無料引き取り、廃車代行を無料でして頂けるサービスですので、上記サービスで処分が出来ない場合は、こちらのカーネクストで処分してください。

 

廃車買取のカーネクスト

動かない車の種類と売却、処分方法

動かない車といってもエンジンが掛からない事や故障で動かない車や車検切れなどで公道を走ることが出来ない動かすことが出来ない車などいろいろあります。
動かない車でも売却、買取して頂ける車もあれば、廃車処分するしかない車など様々です。

 

不動車や事故車、故障車、車検切れの車など動かない車を有利に処分する方法、少しでも高く売ることが出来る方法を紹介しています。
下手をすれば、廃車手続き費用やレッカー代の請求をされることも少なくないので、動かない車の処分方法を間違えると出費がかさむことがあるので注意が必要です。

 

動かない車を種類別の売却、処分に役立つ車査定サイトや廃車引き取り、事故車買取サイトなどを紹介しました。

 

故障車の売却

故障車といっても箇所によってもその車の年式や程度によっても処分、売却方法は変わりますよね!
故障車の多くが、年式的にも修理代がもったいないなどの理由で趣里していないケースが多いと思います。年式的にも10年近く経っている、もしくは10年を超えている車も多いのではないでしょうか?
故障車で年式的にも中古車としてあまり需要が少なくなった車種やモデルの場合、査定は難しくなると思います。ネットの車査定サイトでも出張査定などが出来ないケースも多く、査定して売却というのは難しくなることも少なくありません。
年式的、程度的に中古車としての売却が難しい故障車の処分方法としては、廃車代行サービスなどを利用すれば少ない金額ですが買取して頂けることも多く、何より無料での引き取りや廃車手続きなども無料で代行して頂けます。

廃車買取のカーネクスト

次は、故障車でも年式的にも程度的にも中古車として価値がある車、年式の目安としては10年未満で走行距離も10万キロ以下の車ですね!車種などにもよりますが、目安としては以上をクリアーしているのなら車査定サイトなどで査定依頼して見ることで買いたい業者を探すことが出来ます。
この際に利用したい査定サイトは、複数査定が1度に依頼できる車買取一括査定サイトが良いと思います。

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

事故車の売却

事故は突然起こることがほとんどで、事故の度合いによっては事故車、修理歴車となります。少しの事故なら修理して乗り続けることを選ぶと思いますが、車の価値と比較して修理代が高く付く場合や事故を起こした車を乗り続けるのが嫌な方などでは、修理よりも処分を選ばれる方も多いのではないでしょうか?
そこで、事故車を少しでも有利に処分するための事故車買取サイトを紹介しています。
事故車でも年式が新し車種、モデルや人気のある車種などの場合、買取してくれる業者も多くあります。
まずは、事故車の買取に実績が豊富な事故車買取サイトで買取価格をお調べください。

事故車のタウ

事故の度合いによっては、車買取一括査定サイトでも良い査定価格が出ることもありますので、同時に査定依頼してみてもいいと思います。

ズバット車買取比較

 

車検切れ車の売却

車検が切れてしまって動かせない車というのは処分に困りますよね!レッカーなどを呼べばレッカー代が掛かりますからね!
車検切れの車の処分には無料出張査定や無料でレッカー引き取りをしてくれる業者への売却や引き取りが無駄なお金もかからないので良いですね!
車検切れの車でも年式、走行距離などが少ない車なら高く売ることも可能です、車検の有無は中古車市場ではあまり査定価格に影響はありません、車検残があるから高い査定になることはほとんどありません。
ですので、車検切れの車でも中古車市場で需要のある車、車種、モデルなら車買取一括査定サイトを利用すれば期待以上の査定価格で売却が可能になることもありますよ!

 

動かない車の処分、査定の際の注意点

故障車、車検切れ、事故車、修理不可車など動かない車、動かすない車というのは、年式も程度の走行距離なども様々で、ほとんどの場合、そのままでは乗ることが出来ない車だと思います。

 

このような状態の車を売ろうと思われる方は少ないのではないでしょうか?

 

しかし、動かない車のほとんどが売却、買取が可能なのですよね!金額はその車の状態や車種、モデルなどで変わりますが、少ない金額でも買取が可能だと言えます。

 

動かない車の処分にはいろいろな方法があると思います。ディーラーでの引き取り(ほとんどの場合有料になります)
近所の中古車店での出張査定、無料でしてくれるおお店とそうでない店舗(有料出張査定)なるケースがります。

 

上記のように、動かない車の処分や査定は有料での引き取りなどになるケースも多く、持ち出しでの処分もあり得ます。

 

ここで注意が必要なのが、中古車店で出張査定を依頼した際に、有料になる場合です。相手の査定価格で売却した場合は、無料になるましが、買取価格に納得できずに、断った場合、出張費を請求されることがあります。結果、相手の査定価格、安い金額で買取を迫られ、売却せざる負えないことがもあります。

 

動かない車でもほとんどの場合、買取してくれる業者があります。

 

動かない車の中でも故障者の場合、よく聞かれるのが、「修理してから売却した方が高く売れるのではありませんか?」
はっきり言って修理してから査定に出すことはしないでください。

 

修理代よりも査定価格が高くなることはほとんどありません。自動車の修理料金は、工賃などが結構高く、バッテリーの交換だけでも結構な金額になります。

 

動かない車の場合、原因から調べて修理することになりますので、修理代が結構な金額になることも予想されます。

 

下手をすれば、修理代よりも査定金額、買取金額が安くなることもよくあることです。高く売るどころか

 

損をしていますよね!

 

ですので、動かない車、故障車や事故車も修理せずに売却するのが基本です。

 

動かない車や不動車、事故車でもまずは、無料出来る複数査定、「車買取一括査定サイト」で査定を試みてください。
いろいろな提携業者があるので、動かない車でも興味のある業者、査定をしてくれる業者が見つかると思います。

 

もし、車買取一括査定サイトで査定をしてくれる業者が見つからない際には、「廃車買取のカーネクスト」で廃車買取で処分することをおすすめします。

 

動かない車の処分、売却の際のポイント

無料で出張査定をしてくれる業者で査定する
ディーラーで0円でも買取してくれる業者がある
故障車、事故車でも修理せずに売却する
ネットの車一括査定サイトで査定依頼する
どこの査定でも0円査定の車も廃車買取なら買取可能

 

 

動ない車でも買取可能な事例や裏話

動かない車、不動車は、故障や事故などその理由は様々です。また車種や年式、走行距離や程度なども様々で、売却できる動ない車もあれば、売却できない動ない車もあります。

 

動かない車や不動車などを放置していて良いことなどほとんどありません。廃車手続きをしていない放置車両なら毎年、自動車税の納税が必要になります。また、放置車両のガレージ費用、自宅の敷地でもその場所を利用できない損失などもあります。

 

特に自動車税は、登録を抹消しなければ毎年、納付書が所有者に届きます。支払わなければ延滞料などもかかるので、動ない車だからと放置していては、無駄な出費にもなります。

 

動かないのでレッカー代などが必要になることや処分方法がわからない方も多く、レッカー代などが高額になることを懸念して放置されている方も多く、廃車手続きだけ済ませているケースなどもあるのではないでしょうか?
将来的に希少価値が出るような車種で、風雨にさらされない環境で保管しているのならともかく、雨ざらし放置している車なら早めに処分した方が得策です。

 

動かない車や不動車でも買取してくれることは多く、あなたが売ることが出来ないと思われている車でも意外に売ることも可能なケースが多いということを紹介したいと思います。

 

動ない車の場合、自分の処分することが難しくなると言えます。車検切れで公道を走ることが出来ないことや故障などでエンジンが動ないなど自動車店や解体業者に持ち込むことも出来ないので廃車にすることも出来ないという方も多いのではないでしょうか?

 

例えば、その車のディーラーに引き取りをお願いして廃車にする場合、引き取り代金(レッカー代など)と廃車代行手数料を請求されると思います。

 

結構な出費になることもあります。

 

 

ここで当サイトでは、動かない車や不動車でも売却や買取が可能なケースも多いということを提唱しています。

 

古い車で国内では中古車として価値がない車でも海外市場では需要が高い車種やモデルなどもあります。極端な話をすると、アメリカの25年ルールですね!
25年以上経過した中古車は、規制が解除されるので、輸入が出来るようになるのですね!

 

その為、25年落ちなどの古い車でアメリカで需要のある車種なら意外に高く買取されることもあります。

 

これは極端ら例ですが、10年落ちや10万キロ以上走行した車でも海外の中古車市場での評価は高く、日本国なのように価値がなくなっていくことも少ないと言えます。

 

このような理由からも動ない車や不動車でも買取してくれる業者が見つかるかもしれません。

 

まずは、買取が可能なのかを調べるために、多くの中古車店や車買取店が提携してる車買取一括査定サイトに登録してみてください。これで、買取したいという業者があれば売却が出来ると思います。
登録しても問い合わせがない場合は、買取不可で廃車や処分ということを考える必要があります。その場合は、廃車買取などで処分出来れば、廃車手続きの手間や費用、レッカー代などを節約できますよ!

 

動ない車や不動車の処分事例

※放置していたハイラックスサーフの処分

23年前のハイラックスサーフを処分しました。長く乗ってきたハイラックスサーフで愛着もありましたが、故障が多くなって修理代も高くつき、部品の供給もなくなったことで2年ほど乗ることなく放置していました。
ディーゼルエンジンでエンジンの調子は良かったのですが、エンジン以外の箇所の修理などが多くなったことと新型のハイラックスの購入を検討していることなどから、ハイラックスを処分することにしたのですが、いろいろ調べた結果、古い4WD車が意外に高く売れてなどの記事を見たことで、ネットの査定サイトで出張査定を依頼したのですが、驚きの価格で売ることが出来、新型ハイラックの頭金の足しになりました。
高く買取していいただけ、良かったです。
大事に乗ってきたハイラックスでしたので売れなければ保管しておくつもりでした。

 

※15年落ちのスカイライン

スカイラインの350GTを処分しました。故障で動かなくなって修理代も高くなりそうなのでそのまま、処分することにしました。
スカイラインは改造している車が多いのですが、完全ノーマルで乗っていました。
外観も綺麗な部類でしたが、故障車ということで査定価格は、25万円でした。
高いのか安いのかはわかりませんが、故障して動かい車で処分に困っていたので引き取りして頂け、買取までして頂けたのは良かったと思います。

 

※放置自動車を処分 軽トラック

動ないない軽トラを処分しました、バッテリー上がりで多分動かなくなった軽トラックを15万円で買取して頂きました。
古い軽トラで年式も20年以上前のモデルで初年度登録が平成8年だったと思います。
車検も切れていて、自宅のガレージに保管して困った居たので、試しにネット車一括査定に登録したところ買取したい業者から連絡があり、現物を見てもらったところなんと買取価格が20万円でした。

自動車の廃車手続きと廃車費用

動かない車の処分で廃車にしなければいけない車の場合、廃車を自動車メーカーや自動車修理業者などに依頼した場合、廃車手続き費用を請求されることも多いと思います。

 

また、動かない車の場合、移動手段としてはレッカー車なども必要になれば、レッカー費用も掛かることになります。

 

動かない車、不動車、故障車の場合、処分の仕方、処分してもらう業者によっては、結構な費用が必要になると言えます。

 

では、自分で廃車にする場合はどうでしょうか?

 

まず、動かない車の具合はどうでしょうか?

 

1、動かない車=エンジンが掛からない、故障で動かない車
2、動かくすことが出来ない車=エンジンは掛かるが車検切れなどで公道を走る音が出来ない

 

1の場合の車の処分は、車を解体業者まで持っていくためのレッカーなどが必要になります。
※廃車手続きにも一時抹消手続きと永久抹消手続きがあります。ここでは、永久抹消手続きを基本に説明しています。

 

一時抹消手続きの場合は、廃車にする車を解体業者に持ち込んで移動報番号や解体報告記録日は必要ありません。
永久抹消手続きの場合は解体業者にその車を持ち込んだという証明書、移動報番号や解体報告記録日が必要になるので、車を解体業者目で移動する手段、レッカー移動などが必要にあります。

 

2の場合の車の処分、廃車の場合は、車自体は動かすことが出来るので公道を走る手段として仮ナンバー(自動車臨時運行許可番号標)の交付などがあります。ただし仮ナンバーの申請には自賠責保険への加入が必要になるので、自賠責保険が切れている場合は、加入が必要になると言えます。手数料は750円前後だったと思います。
自賠責保険への加入と手続き手数料が必要になります。
レッカー代に比べれば、安く上がるとはいえ、費用が必要になります。

 

次に、動かない車の移動が完了したとして、廃車に手続きですね!

 

廃車の手続きに必要な書類
一時抹消手続き

1、申請書(実印)
2、手数料納付書(費用350円)
3、印鑑証明
4、ナンバープレート
5、委任状 本人が手続きするので必要ありません。

 

永久抹消手続き

1、申請書(実印、移動報番号や解体報告記録日)
2、手数料納付書(費用350円)
3、印鑑証明
4、自動車車検証
5、ナンバープレート
6、委任状 本人が手続きする場合は必要ありません。

 

簡単に書きましたが、もっと詳しく知りたい方は、厚生労働省 抹消登録で入手してしてください。

 

 

自動車を廃車にする為に手続きに掛かる費用は数百円ですが、解体業者への持ち込み、解体業者の車の引き取り費用なども必要になるかもしれません。

 

自分で廃車にするにしても動かい車の場合、結構な費用が必要になると言えます。

 

ですので、動かない車、不動車や故障車、事故車などを廃車にするのであれば、廃車代行業者、無料で廃車の引き取りや廃車手続きを行ってくれる業者で廃車をお願いすれば余計な出費や手間を省くことが出来ると言えます。

 

廃車にする自動車のモデルや車種によっては、少ない金額ながら買取してもらえることもあります。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加