軽トラの中古車を高く売る査定方法

軽トラは、中古車としての需要が高いタイプの車で、中古車として売却しやすく年式、程度を問わず査定価格が付きやすいのが軽トラ、軽トラックの中古車だと言えます。

 

軽トラ、軽トラックは、軽自動車メーカーから発売されています。スズキのキャリイトラック、ダイハツのハイゼットトラック、ホンダは、アクティトラック、スバルはサンバートラック、三菱自動車は、ミニキャブトラックが発売されています。

 

軽トラ、軽トラックも人気車種が有りますが、中古車での販売では、どのメーカーでも需要が高く、中古車として売却する際に、メーカーや車種で大きな査定価格の差が出ることは少なく、逆に程度や走行距離などが査定価格に反映されることが多いのではないでしょうか?

 

軽トラは、新車価格の割りに高値査定が出やすいと言われています。リセールバリューが高い車種です。リセールバリューが高い中古車と言えば、人気車種です。軽トラは人気車種ではありませんが、中古車需要が高いモデルで、流通効率が良く、中古車として販売しやすい車で、査定方法、売却先次第では、買取価格の差が出やすいと言えます。

 

では、軽トラ、軽トラックの中古車を高く売る為の査定方法、売却先を調べる方法とは?
軽トラの中古車は、どの中古車店、車買取業者でも積極的に買取してくれることは有りません。軽トラの中古車を扱う中古車店では、積極的に買取してくれますが、乗用車などをメインに販売している中古車店では、買取りに消極的な事も多く、査定価格は、中古車相場よりも安くなることも珍しいことではありません。

 

軽トラ、軽トラックの中古車を少しでも高値で売りたいのであれば、軽トラの中古車の買取を積極的にしてくれる業者への売却、査定が重要です。
その為に利用したいのが、車買取一括査定サイトです。多くの中古車店や車買取店と提携している為、軽トラの中古車を買いたい業者を簡単に探すことが出来ます。
また、簡単な登録で、登録したくるまの査定を複数業者に依頼できるので、軽トラを高値査定、中古車買取相場よりも高く買取してくれる業者を探すことも可能です。

 

軽トラの高価買取に実績がある車買取一括査定サイト

かんたん車査定ガイド

 

軽トラ、軽トラックは、買取したい業者、軽トラの中古車を探している業者への売却は、高く売る為に基本だと言えます。
軽トラの中古車に興味にない、取り扱いのない業者で査定をとってもいい結果になることは少ないと言えます。

 

ですので、軽トラの中古車を高く売る為には、軽トラの中古車を積極的に買取している業者への売却が良い結果につながると言えます。
軽トラの中古車の買取に積極的な業者を探す方法として車買取一括査定サイトの利用が一番だと言えます、

 

その車買取一括査定サイトの中でもかんたん車査定ガイドが、軽トラの中古車一括査定におすすめです。

 

かんたん車査定ガイドのおすすめポイント

利用者満足度が高く、高価買取の実績豊富
全国対応、簡単登録、無料出張査定
厳選した業者の査定を最大10社依頼できる

 

  

 


カーセンサー.net簡単ネット査定

 

車買取一括査定サイトでも提携業者数が多いカーセンサーの車査定サイトは、実績、利用者満足度も高く古い軽トラの売却にも適しています。
売りたい車と買いたい車のマッチング率が高く、登録後にすぐに登録した車に興味のある業者から連絡が来ます。

 

軽トラを早く、高く売りたい方におすすめの車買取一括査定サイトがカーセンサーネット簡単査定で決まりでしょ!

 

カーセンサーネット簡単査定のおすすめポイント

カーセンサーのネットワークで提携業者数の多さは最大級
全国対応、大手から地域密着業者の査定依頼
簡単な登録で最大30社の査定依頼

 

  

 


軽トラの中古車が高く売れる訳と高く売るコツ!

軽トラの中古車を高く売るためには、軽トラの中古車としての価値、査定価格の現状を把握していた方が有利に売却できると思います。

 

まず、軽トラックの中古車は、「高く売ることが出来る」、「査定価格が出やすい」などと言われていますが、実際、売却する際に高く売ることが出来るのでしょうか?

 

軽トラ、軽トラックが中古車で高く売れる訳を調べてみました。
当サイトの検証結果としては、軽トラは、自動車の中でも特殊な車で代替え出来る車がほとんどないことや農業、漁業関係者などの仕事で利用される方が多い、また、丈夫で長持ちする自動車で、中古車として購入しても長く乗ることが出来るなどの理由で、中古車とし手軽トラは需要が高く、販売価格も安定しているの買取する業者も値段を付けやすいと言えます。

 

また、軽トラックのほとんどの車種は、モデルチェンジまでのスパンが長く10年以上フルモデルチェンジしない車種もあります、またマイナーチェンジもほとんどない車種がほとんどで、年式で左右されにくく、年式が古い軽トラでも程度や走行距離次第で査定価格が比較的出やすいと言えます。
軽トラの使用も長距離運転などが少ないことや近所を少し走る程度の利用などの軽トラが多く、5年で走行距離が2万キロ以下などの中古車も多く出回っておることなどからわかるように走行距離が少ない軽トラの中古車が多いことなどから、年式の割りに査定価格が高くなる傾向にあるので、軽トラの中古車は高く売れると言われる理由の1つだと言えるのではないでしょうか?

 

上記の理由以外に軽トラの中古車が高く売れると言われる訳はあると思いますが、当サイトでの検証では、上記の理由が大きいと言えます。

 

では、高く売れると言われている軽トラの中古車を売却する際に本当に高く売るためのコツや方法を紹介していきます。

 

軽トラは中古車市場では需要が高いので査定に出す際には、軽トラ、軽トラックの中古車を積極的に買取してくれる業者かあなたが売ろうとしている軽トラを探している業者に売却することが出来れば、ほとんどの場合、高値査定が出ると思います。

 

これを可能にする方法として、車買取一括査定サイトだと言えます。

 

簡単に誰でも無料で利用できる車査定サイトで、1回登録するだけで、提携している業者の中から登録した車、この場合、軽トラに興味のある業者から連絡が来るサービスです。
登録した車の買取に興味のある業者から連絡が来るということは、登録者を買取したい業者の査定を受けることが出来るので、査定価格も期待できますね!

 

また、1回の登録で複数業者の査定、ほとんどの一括査定サイトで10社程度の査定が取れるようになっていますので、連絡がきた業者の中から高く買取してくれそうな業者を3社程度に絞れば、交渉なども有利になると思います。

 

軽トラの中古車が高く売れる訳と軽トラの中古車を高く売るコツ!を紹介しましたがどうでしょう?

 

簡単に軽トラを高く売ることが出来る方法として紹介した車買取一括査定サイトもネット上にたくさんあります。当サイトでは、軽自動車や小型車に買取に強い車買取一括査定サイトを紹介していますので、軽トラの査定は取る際には、是非、ご利用してください。

 

もちろん、完全無料で利用できる車買取一括査定サイトだけ厳選して紹介しています。


軽トラの種類、車種

スズキのキャリイトラック

スズキは地方での販売に強いメーカーで地方で人気が高い軽トラとしてスズキのキャリイトラックが挙げられます。
農業、漁業などの運搬車としての利用の多く、地方でも人気が高い軽トラと言えます。
スズキの軽自動車は、エンジン性能や耐久性に信頼が高く、キャリイトラックは人気の高い軽トラの1台です。
キャリイ買取査定ガイド

 

ダイハツのハイゼットトラック

ダイハツもスズキと同じく地方に販売店が多くハイゼットトラックの販売台数が多いと言えます。ダイハツは、軽自動車販売代位数でもスズキを抜いて1位のメーカーです。軽トラは、2台目、3台目の購入する車ですので、販売台数の多いダイハツ車、ハイゼットトラックを選ぶ方も多いと言えます。ハイゼットトラックの販売台数も軽トラの中でもトップクラスという事も伺えられます。
ハイゼットトラック買取査定ガイド

 

ホンダのアクティトラック

ホンダの軽トラのアクティトラックは、キャリイトラック、ハイゼットトラックに次ぐ人気モデルで、エンジンの丈夫さに定評がある軽トラではないでしょうか?ホンダのエンジン性能は、軽自動車、普通車を問わず定評がありますね!
アクティトラックは、タフさで選ばれる軽トラだと言えます。
アクティトラック買取査定ガイド

 

スバルのサンバートラック

スバルの軽トラ、サンバートラックは軽トラックの中でも人気が高いモデルです。
スズキやダイハツ、ホンダの軽トラの陰に隠れていますが、営業ナンバー、軽貨物などでスバルのサンバートラックは利用されることが多く、メンテナンスのしやすさ、故障なども少ない軽トラとして信頼されています。
仕事で使える軽トラとして人気が高いのがスバルのサンバートラックだと言えるのではないでしょうか?
エンジン、ボディの耐久性などサンバートラックは選ばれています。
サンバー買取査定ガイド

 

三菱のミニキャブトラック

三菱のミニキャブトラックは、軽トラ市場では需要、販売台数ともに思わしくない車種です。三菱自動車のリコール隠しなどでミニキャブトラックにもその影響は出ています。
ミニキャブトラックは、軽トラの中では人気、需要は限定的な車種ですが、軽トラとしての性能や耐久性なでは問題はないと言えます。
ミニキャブトラック買取査定ガイド

 

その他の軽トラとして日産NV100クリッパー、マツダのスクラムトラックはスズキのOEMです。

車検切れ、動かない軽トラの売却、処分

軽トラ、軽トラックは、自宅で動かなくなった車や車検切れで放置している車が多い車種です。
とくに、農家などの納屋などに放置されていて処分のお困りの軽トラもあるのではないでしょうか?

 

このような動かない軽トラ、故障、バッテリ上がり、パンクや車検切れで動かすことが出来ない軽トラなどの処分のお困りの方も多いのではないでしょうか?
軽トラ、軽トラックは、上記の様な理由で放置されていることも少なくなく、動かすことが出来ないのでレッカー代などの費用が掛かることを理由に放置されている方も居るのではないでしょうか?

 

軽トラの年式や程度などにもよりますが、多分、放置されている軽トラは相当程度も悪く、年式も古いことがほとんどですね!もし、年式もそれほど古くなく、まだまだ利用できるような軽トラを放置されているのなら、ネットの車査定サイトなどを利用して査定して頂いて、売却することが出来ると思います。
逆に、年式的に売却できない、程度が悪く売却は無理だと思われる軽トラで、無料でも良いので処分したいのなら無料で車の引き取り、廃車が出来るサービスを利用したいと思います。ただし、無料の廃車処分の場合、対応できない地域も有るので、まずは、こちらのサイトから問い合わせしてください。ネットから簡単な登録で問い合わせ、ご利用頂けます。

 

このように、処分のお困りの軽トラ、軽トラックでも売却出来ることもありますし、売却までは無理でも無料で引き取り、廃車手続きの代行まで行ってくれる業者もありますので、いつまでも放置しないで、重い腰をお上げください。

 


古い軽トラってどうなの?10年落ち、20年落ちの軽トラで売れるの?

軽トラの中古車って結構古いタイプの軽トラでも販売されていますよね!

 

3年落ち間dネオ軽トラの中古車って意外に少ない、軽トラの中古車としての割合では、新車登録から3年までの軽トラの中古車は少ないと言えます。

 

新車登録から5年落ち以降の軽トラの中古車は多い傾向にあります。また10年落ちの軽トラの中古車も販売されています。軽自動車の中古車としては珍しいと言える10年落ちの中古車でも軽トラでは程度が良ければ、販売されています。

 

軽トラの中古車で求められる、中古車価格に影響する項目としては

 

・走行距離
・程度
・使用環境

 

走行距離は、貨物配送などの軽トラ以外は、年式の割りに走行距離が少ないケースが多く、農家などでの利用の場合、5年落ちで1万キロなどのケースも少なくないの軽トラの中古車事情です。
年式よりも走行距離が重視されるのも走行距離が極端に少ない中古車が多いからだと言えます。

 

程度と使用環境は、程度というのは使用環境も含めた項目だと言えます。

 

軽トラの程度は、使用環境で大きく異なることも多く、運送業などで荷物を目一杯積んでいた軽トラの中古車は、ショックもへたり決して良い中古車とは言えないですね!また漁業関係での使用で荷台に錆が出ている軽トラなども走行距離が少なくても程度が良いとは言えません。

 

逆に年式の割りに走行距離も少なく、荷物などもそれほど積載していないような利用の軽トラの中古車は年式が古くても需要が高く、中古車販売価格も同年式の軽トラよりも高値で取引されるので査定価格も高くなると言えます。

 

軽トラの中古車の場合、年式も査定価格に大きく影響しますが、走行距離、程度の方が軽トラの中古車の購入者は見ることが多いので、

 

程度>走行距離>年式

 

という図式もあると思います。

 

この図式が完全に作用することはないと思いますが、軽トラの査定では、他の車種よりもこの傾向が強く感じられます。

 

次に10年落ちや20年落ちの軽トラの中古車ですが、中途半端に古い軽トラの中古車は、あまり中古車市場では需要がないとえいます。逆に20年落ちや25年落ちなどの軽トラは、高値で売却できるケースがあります。

 

特に最近は、25年落ち以上の軽トラです。

 

アメリカの25年ルールで、25年以上経つ軽トラが、アメリカのバイヤーに高値で買取されるという現状があります。

 

※25年ルールとは

アメリカ国名で販売されていない車、今回紹介の軽トラもアメリカ国内で販売されていない車です。
アメリカでの安全基準、排ガス規制などをクリアー出来ていない車、車種は、中古車として輸入しても一般道を走ることが出来ません。

 

しかし、製造から25年が経過した車、車種に関してはクラシックカーとして認められるので安全基準や排ガス規制をクリアーする必要がなく輸入が可能になります。

 

これがアメリカの25年ルールです。

 

過去にも日産のスカイラインGTR が25年ルールで価格が上昇したことは記憶に新しいと言えます。

 

軽トラもアメリカで人気が高まり、25年ルールの輸入が多くなっている車で価格の高騰が見られます。

 

古い軽トラ、10年落ち、20年落ち、25年落ちでも程度や走行距離次第では、期待以上の価格で売却できるケースもあります。

 

しかし、古い軽トラをディーラーや近所の中古車店での査定では、二束三文の査定価格の提示で終わることがほとんどだと言えます。

 

古い軽トラの売却には、そのような軽トラの中古車に興味のある業者、買取に積極的な業者の査定、売却が必要だと言えます。

 

ですので、古い軽トラの査定は、車一括査定サイトなどを利用して買取に積極的な業者を探すことが重要だと言えます。

 

当サイトでも軽トラの買取に強い車買取一括査定サイトを紹介していますので、是非、この機会に査定依頼してみてください。


軽トラの処分で困る事例

軽トラを処分する際に困ることも良くあります。特に軽トラという車は、仕事で利用される車で、農家、漁業関係者などの利用が多く、親や親族名義の軽トラの処分など、自分名義ではない軽トラを処分される際に、困るケースも少なくありません。
また、長年放置されている動かない軽トラや車検切れ、バッテリー切れ、パンクなどの軽トラの処分も困りますよね!
軽トラの処分の際に、困ることが多い事例を紹介してみたいと思います。

 

名義が自分では無い軽トラ、他人名義の軽トラの処分

軽トラ、軽トラックの処分の際に手間取る事例として、自分名義ではない軽トラの処分です。親族や親名義の軽トラを処分する際に、名義人と連絡が取ることが出来ない事や死亡している際の軽トラの売却です。
名義人以外の車の売却は、委任状や印鑑証明書などが必要になります。連絡が取れる場合は、処分するための書類を取り寄せる事で処分はできますが、何らかの理由で連絡が取れない事や名義人が死亡した場合の名義変更や廃車、売却などの際には、死亡診断書や戸籍謄本や相続人の同意などが必要になることもあります。
このように処分をお考えの軽トラが、他人名義の場合、自分名義の車の処分と違い、必要書類も多くなりますので、自動車ディーラーや中古車買取業者や中古車店などで聞くことをおすすめします。

 

買取査定か廃車処分か

軽トラは、中古車市場では需要が高いタイプの車ですが、年式や走行距離、程度などが微妙な軽トラの場合、廃車にするのか、査定を受けてみるのか悩まれる方も多く見かけますね!
アドバイスとしては、中古車として買取して頂けるのか、それともなんの価値もないのかは、まったくわからないという事です。こんな車が、、、と思われる中古車が、高く売れるケースもあれば、売ることが出来ると思っていた中古車が、タダみたいな値段の査定しか出ない例などたくさんあります。
中古車の値打ち、価値などは素人にはわかないことが多く、古い車でもその車を探している人や希少価値が有れば、高く買取してくれます。
軽トラの場合も少しくらい古くても利用できる程度の中古車なら買取可能なケースも少なくありません。
ですので、廃車になると思われている軽トラの場合でもネットの査定サイトで1度は査定をすることをおすすめしています。この際の査定サイトは、複数査定が1度に出来る車一括査定サイトで査定を依頼すれば、あなたの軽トラに興味、買取希望する業者から連絡が来るので売れるか、売れないかを簡単に知ることが出来ます。1社も連絡がない場合は、その軽トラの中古車としての価値はないという事です、廃車することも検討しましょう!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加