ローン中の車の売却方法

車の購入の際にほとんどの方がローンを組むと思います。頭金など多く支払いしてローン残を少なくしている方の場合、ローン年数も少ないので、ローン中での売却は少ないと思いますが、フルローンなどで5年ローン(60回払い)や6年ローン(72回払い)の場合、ローン中に車の売却を考えることもあると思います。
しかし、ローンが残っている車の売却は、ローンを解消してから売却することなることがほとんどです。

 

まず、ローン中の車の場合、車検証で「所有者の氏名又は名称」を確認してください。自分で銀行などでローンを組んだ方は、自分名義になっていることがほとんどですが、自動車ディーラーなどでローンを組んだ方は、自動車ディーラー名義や信販会社名義になっていると思います。
自分名義の場合は、ローン中でも普通に売却することは可能ですが、後者の場合、自分名義でない場合は、ローン残を解消してから車検証の「所有者の氏名又は名称」を自分名義にする必要があります。

 

しかし、ローン残が多い場合やお金が必要で泣く泣く車の売却をする場合などの場合、自己資金でローン残の解消が不可能な場合もありますよね!
この場合は、ローン残が多い場合は、売却することが困難になることもありますが、ローン残が、その車の査定価格よりも少ない場合には、売却差額でローン残を解消することも可能です。
この場合、大手の中古車販売店や車買取チェーン店などを利用すれば、どのような売却方法が有るのか教えてくれることがほとんどです。プロに聞くのが一番の早道です。
ローン中の車の売却は、ケースバイケースになることがほとんどどです。
ローンを組み直すという手もありますが、手間と時間もかかり、金銭的にも負担が増えることも有るのであまりおすすめできません。

 

ローン中の車の売却でこの用な場合

※ローンを完済する資金がない、現状自己資金でローンを完済することは無理
※ローンを組み直す必要があると言われた。ローンを組み直すことが出来るのか?
※ローン中の車の売却をしたいのですが、どのような手続きが必要かわからない

 

このようなお悩みの方は、ネットの車買取一括査定サイトを利用して、あなたの車に興味のある中古車店や車買取店などの相談する方法がおすすめです。
ローン中の車の場合、年式的には新しいので買いたい業者も多いと思います。一括査定サイトを利用してあなたの売りたい車を買いたい業者に相談してローンなどの解消方法や名義変更などを相談してみる方法が一番確実にローン中の車の売却に繋がると思います。
まずは、車検証の「所有者の氏名又は名称」の確認とローン残高を調べることから始めてください。

 

ローン中の車の売却 ローンの組み直し

ローン中の車の売却で厄介なのが、ローン中の売却額よりもローン残が多い場合です。ローン残が大きい場合は、ローンの組み直しも必要になるケースもあります。
ローン残積が売却額を上回る場合で残席額を支払うことが出来ない場合、ローン残積のローンをもう一度組み直すことも1つの方法です。

 

あまりおすすめは出来ませんが、ローンの組み直しにはローン手数料などが必要になるのでローン残積が多い場合は、手数料の金額も多くなります。

 

しかし、諸事情でどうしてもローン中の車を売却しなければいけない場合で、査定価格、買取価格でローンを完済できない場合は、ローンの組み直しで月に支払額を減らすなども必要にあることもあります。

 

ローンの組み直し覚悟でローン中の車の売却をご希望なら大手車買取店などローンの組み直しなどを同時にしてくれる業者への売却も良いかもしれません。

 

ただし、少しでも高く売ることが重要になりますので、車一括査定サイトなどで複数業者に査定を取り高値買取業者を探し、ローンの組み替えなど申請してください。

 

ほとんどの中古車買取店で、ローンの組み換えなどを行ってくれます。業者にしてもローン手数料などを考えて査定価格を少し高くしてくれるかもしれませんので、複数業者の査定で高く売り、少しでもローン残を少なくして負担を少なくすることが重要だと言えます。


ローン中の車でも高く売ることには妥協しない!

ローン中、ローン残のある車、中古車の売却は場合によっては手間が掛かります。特に金銭的な理由でローン中の車の売却を検討されている方は、売却を急ぐことでその車の中古車買取相場よりも安い査定価格で売却することになることも少なくありません。
中には、大幅に査定価格を引き下げられるケースもありますので注意が必要です。

 

早く処分したい、金銭的での売却でも中古車店や査定に出す業者には早急に処分したいことはあまり言わない、気づかれないようにしてください。
査定業者の中には、ローン中の車の売却をすることは、お金に困っているなどの理由だという事で査定価格を低く出す業者も少なくありません。足元を見られて普通に査定すれば100万円で売ることが出来る中古車でも70万円くらいの査定しか出さないことも少なくなく、自動車の知識のあまりない方の場合、その金額で売却してしまう事も少なくないですね!

 

ローン中の車やローン残のある車だから査定価格が安くなることはないので、売却をすると決めたのなら少しでも高い価格で売却することに注視してください。ローン残を少しでも解消する方法は、売却する車を1円でも高く売ることです。
中古車の査定価格は、査定業者や査定方法で10万円、20万円差は普通に出るものです。下手をすれば10万円20万円の損をすることもあるという事です。

 

特に、今回のようにローン中の車の売却の場合、査定業者も金銭的にお困りなのかという事が予想が付くにで、最初の査定は安値を付けくることも少なくありません。
しかし、これが複数業者に査定を同時に依頼している場合などでは、ローン中の車でも適正価格や中古車買取相場よりも高値の査定を出す業者が出てくることも少なくありません。
特に、人気車種の場合や年式が新しい車の場合は、買いたい業者も多くなるので査定価格の競争も見込まれます。
結果、高く売ることが出来ます。

 

ですので、ローン中の車でも少しでも高く売ることを考える必要があります。その方法の1つが、複数査定、一括査定です、中古車の場合ですと車買取一括査定サイトの利用です。
当サイトが紹介している車買取一括査定サイトは、大手中古車店や全国ネットの車買取チェーンなどとも提携しているので、ローン中の車でも売却方法や手続きなども教えてくれるので安心して売却出来ると思います。

 

ローン中、ローン残の有る車の売却を検討しているのなら出来るだけ高く売ることが出来る査定方法で売却してください。

 

※ローン中の車の査定を有利にしたい
※複数の業者の査定を簡単に取りたい方

ローン中の車を高く売る査定方法

中古車売却、高く売る方法として多くの方が利用、
満足している方法が無料車買取一括査定サイトです。
ローン中、ローン残のある車でも高値査定を引き出すことが可能な査定方法です。

ローン中、ローン残のある車の売却での注意点

ローン中、ローン残のある車、購入からまだそれほど年数がたっていない車だと思います。

 

新車、中古車としての購入でも違ってきますが、新車購入なら3年以内、5年以内の車が多いと思います。

 

ローン残も早く処分すればするだけ多く残っていると言えますね!
ローン中、ローン残の車の売却、処分は、ローンの残債を決済する必要があります、上記でも詳しく書きましたが、ローンで購入した車は、信販会社やディーラー名義の場合、まずは、ローン残の決算が必要です。

 

例えば、購入から1年前後で売却する場合、ローン残は結構残っていることも多く、車を売却してもローン残よりも少ないことがほとんどだと言えます。
このような場合、残りのローン残分の負担がのしかかってきます。

 

ローン中、ローン残のある車の売却は、ローン残と売却する車の査定価格が重要になります。車の購入の際に、頭金が少ない場合や頭金なしのフルローンの場合、売却価格よりもローン残が大幅に残ることもあり、売却が困難になることも多いと言えます。

 

ローン中、ローン残の車の売却は、ローン残の金額が多く場合は注意が必要です。ロー残が多い場合、車を売却してからもローンの支払いが残る可能性もあります。

 

ローンを払えきれない何らかの理由がある場合は、売却を検討する必要がありますが、ただ、購入した車に不満がある場合や他にもっと欲しい車が出てきて売却する場合などは、ローン残の金額とその車の査定金額、買取金額との差額が大きい場合は、売却をもう一度見直してはいかがでしょうか?

 

ローン残金額が査定金額より低い場合の売却は慎重にしてください。

 

ローン中、ローン残の車売却 まとめ

ローン中、ローン残のある車の売却の際にはいろいろな注意点や売却出来なケースなどもあります。

 

無理、無謀なローンを組んで、完済する前に車を処分しなければいけない、ローン購入した車をローン完済前に買い替えるなどいろいろなケースがあると思いますが、ローン中の車の売却に必要なことは、車の名義を自分名義にしなければ、売却はできません。

 

ローン中の車が信販会社や購入店の名義になっている車の場合、ローンを完済して名義変更してから売却する必要があります。しかし、ローン中の車の売却を検討されている方の多くは、ローン残積を完済出来ることは少ないですね!

 

これでは、ローン中の車の売却はできなくなってしまいます。

 

しかし、売却する車の査定価格がローン残よりも高値で売ることが出来る場合などでは、車の買取店や中古車店では、売却金額からローン残積を一括返済して名義変更を可能にしてくれる業者も多くあります。

 

ただ、ローン残積よりオ査定金額が低かった場合は、売却するために新たにローンを組み直しなどを勧められることがありますが、これは慎重にしてください。

 

どうしてもローン中の車を売却する必要がる場合は、ローンの組み直しなども検討する必要がありますが、ローンの組み直しで売却した場合、車はなくなり、ローンだけが残ることになります。

 

はっきり言ってそのローン、何のために支払いしているの?

 

になってしまいます。

 

ローン中の車で名義が自分でもなくてもほとんどのケースで売却すること可能だと言えます。

 

しかし、ローン残積が多い場合、ローンだけが残ることで、愛車はないのにローンだけ払い続けることにもなります。

 

ローン残=査定価格
ローン残<査定価格
の場合は問題ありませんが

 

ローン残>査定価格
の場合は、じっくり検討して売却か売却しないかを決めてください。

 

売却する際には、大手の車買取チェーン店や中古車店で対応が可能な店舗も多いので1度、相談してみるのもいいと思います。

 

その前に、ローン中の車が幾らで売ることが出来るのかをしっかり調べることも必要です。

 

正確に車の査定価格を調べる方法として車買取一括査定サイトがおすすめです。

 

ローン中の車売却の際のポイント
ローン残よりも買取価格、査定価格が低い場合の売却は注意
ローン残積の完済でのローンの組み直しは出来れば避ける
ローン残のある車の買取を相談できる中古車買取店を探す
売却する前に正確な査定金額、買取金額を調べておく
ローン中の車でも高く売る為に高価買取業者を探す

 

ローン中の車買取も可能で査定価格も簡単に調べられる車査定サイト

大手の車買取チェーンや中古車店などの提携が多い
ローン中、ローン残のある中古車買取実績あり
ローン中の車を少しでも高く売れる一括査定

ローン中の車を少しでも高く売る為の査定が出来る
ローン中の中古車買取対応の業者とも提携
厳選した10社査定依頼が可能、正確な買取金額

  このエントリーをはてなブックマークに追加