将来的な売却、リセールバリューを考えた車選び、車購入

車の購入、車選びにお悩みの方に、予算内で車選びをする際に、少しでも安い価格の車を選んで3年後や5年後に売却する際に人気があまりなく買取価格が安くなるケースなどもありますよね!

 

将来的なリセールバリューを考えて車選びや新車購入をすれば、新車価格を少し高い車種でも結果的に支払い価格が安くなるケースもあります。
新車価格が300万円の車と新車価格250万円の車があるとします、本当は300万円の車が欲しいのですが、予算的に250万円の車を選ぶことになるとします。
その車を廃車までの乗るのであれば、この選択は正解かもしれませんが、3年後や5年後に売却するとします。

 

この際に、300万円の新車価格の車が人気のある車種、あなたが購入した250万円の車は人気がなく新車購入の際に値引きも大きかったとします。
5年後の査定価格が、300万円の車が200万円で250万円の車が120万円の査定だったとして際にあなたの支払った金額は、300万円の車が100万円です、250万円の車は、130万円になります。

 

欲しかった車を買った方が、最終的には得をしていることもあります。そうです、リセールバリューというのを考えた車選びや新車購入は、結果的に支払い金額や乗りたかった車購入の後押しが出来ると言えます。

 

車購入は、、新車価格や値引きなども大切ですが、将来的に売却することになるのであれば、中古車としてのリセールバリューを考えら車選びも大事だと言えます。
同じモデルの車でも車種やグレードによっても中古車査定価格が大きく変わることも多く、特に限定車などの場合、新車価格と変わらない価格で売却できることさえあります。

 

リセールバリューの高い車というのは、基本的に人気車種です。また希少価値なども考量されるので人気車種でも中古車の流通台数が多いと値崩れが起こるので、難しいところです。
また、購入時は人気車種ですが、ライバル車種が人気の高いモデルを発売した事で人気がなくなるケースも起こります。
3年後、5年後の人気を予想するのは難しいと言えますが、現在、人気のある車種、モデルは、リセールバリューが高い車といえるので、新車購入の際には、人気車種やモデルなどをしっかり調べて、その車種、モデルの中古車販売価格なども考慮に入れて、車選びをすれば、リセールバリューの高い車種を選ぶことが出来ると思います。

 

リセールバリューの高い車種の選び方
中古車市場での販売価格をチェックする
新車時の値引きが大きい車種は避ける
無難なボディカラーを選ぶ
その車種の中でも上位グレードを選ぶ
限定車、希少性の高い車種、モデル

リセールバリューの高い車 ランキング

リセールバリューの高い車、3年後、5年後の売却で損をしない車選びに役立つリセールバリューランキングを当サイト調べで掲載しました。
リセールバリューの車のモデルとしては、ミニバンや軽自動車、SUV車が挙げられます。新車で需要が高いモデルの車は中古車市場でも需要が高いのですが、販売台数の多い車種、モデルの場合、人気とは逆に中古車市場への流通台数が多くなるためにリセールバリューが低くなることもあります。

 

また、今現在リセールバリューが高い車でもモデルチェンジや需要の移り変わりにリセールバリュー思わしくなくなることもあります。例えばプリウスやアクアなどは人気の割りには中古車買取査定価格はそれほど高くない車種などもあります。
リセールバリューが悪い訳ではありませんが、人気の割りには査定価格が出にくいのではないでしょうか?

 

当サイトでは、3年後、5年後に売却でもそれほど値下がりがしにくく、査定価格が出やすい車種やモデルをランキングしました。

 

軽自動車のリセールバリューランキング

ホンダ NBOX

ホンダの人気軽自動車noNBOXは、軽自動車人気ランキング1位で中古車としても人気、需要が高くグレード、モデルにもよりますが、リセールバリューの高い軽自動車の中でも優秀な車種です。

NBOXカスタムや高位グレードモデルは査定価格も出やすいと言えます。

ダイハツ タント

軽自動車人気ランキングで何年も上位を維持している人気車種がタントです。ハイエイトワゴン人気の火付け役でデザイン、性能、装備なども高く、女性にも人気が高く中古車としても需要が高く、中古車買取価格は安定している1台です。

スズキ ジムニー

リセールバリューの高い軽自動車としてはジムニーは外せませんね!根強い人気で軽オフロードカーとして需要が高く、中古車としての購入者も多いモデルですので、中古車価格の値崩れがほとんど見られないモデルだと言えます。ジムニーは年代を問わず、リセールバリューが高い軽自動車だと言えるのではないでしょうか?

スズキ スペーシア

スズキのハイエイトワゴンのスペーシアも人気の高まりとともにリセールバリューは高くなっています。ホンダのNBOXやダイハツのタントに人気では劣りますが、モデルチェンジなどで魅力が高いモデルとなっています。

スズキ ハスラー

軽自動車SUVとしてスズキのハスラーは需要が高いモデルだと言えます。中古車価格も安定しているので3年後の売却ではリセールバリューも高い軽自動車だと言えます。ライバル車も少ないモデルという事で値下がりも限定的と予想されています。

 

コンパクトカーのリセールバリューランキング

トヨタ アクア

トヨタのアクアは、新車販売台数でも1位の人気車種です、リセールバリューでも高いと言えますが、年式次第ではハイブリッドカーはリセールバリューが低下すると言えます。アクアの場合、3年後の売却がリセールバリューが高い車種だと言えます。それ以降の売却ではリセールバリューが低くなると言えます。

ホンダ フィット

アクアと並ぶコンパクトカーのリセールバリューが高い車種としてホンダのフィットが挙げられます。ただ、アクア同様、中古車市場に流通台数は多く、年式やグレード、点度次第では大幅にリセールバリューが下がる傾向にあります。

マツダ CX3

コンパクトカーの分類には微妙ですがコンパクトSUVとしてマツダのCX#はリセールバリューは高いもモデルだと言えます。マツダのCX3は、中古車市場でも人気が高く、査定価格も比較的高値で推移しています。3年後の売却ではリセールバリューは優秀です。

 

SUV車のリセールバリューランキング

 

C-HR

中古車市場では人気が高いSUV車の中でもリセールバリューが高いモデルとしてトヨタのC-HRが挙げられます。トヨタのSUVで人気の高いハリアーもリセールバリューは高いと言えますが、後発の強みと価格帯でC-HRの方が買取価格は有利なようです。

ホンダ ヴェゼル

ホンダのヴェゼルは、SUV売り上げランキングでも上位車種で、人気も高く中古車市場でも需要が多いことなどからリセールバリューは高いモデルです。SUV車全般的にリセールバリューが高いモデルが多いと言えますが、特にリセールバリューが高いモデルとしてヴェゼルがあげられます。

マツダ CX5

マツダのSUV車は人気が高く中古車市場でも値崩れが少ないと言えます。CX5もリセールバリューが高い車種で、同社のCX3、CX8共に中古車市場でも人気、需要が高いモデルです。

スバル レヴォーグ

スバル車のSUV車は人気が高く、中古車販売価格も安定しているメーカーだと言えます。そのスバルのSUV車の中でも人気モデルがレヴォーグです。エンジン性能や安全装置などに定評があるスバル車は、中古車としてのリセールバリューが高いと言えます。

トヨタ ハリアー

SUV車の火付け役ともいえるトヨタのハリアーですが、今でも人気が高い車種だと言えます、もちろんリセールバリューも高く3年後の売却価格も期待できる車種だと言えます。デザイン、高級感、性能など満足の出来るSUV車として需要が高いと言えます。

 

ミニバンのリセールバリューランキング

トヨタ ヴェルファイア

リセールバリューの良いモデルとしてはミニバンは優秀な車種が多いと言えます。その中でもリセールバリューが高いのがトヨタのヴェルファイアです。中古車市場でも人気、需要が高く、デザイン、装備なども高水準のミニバンで高級ミニバンとしてミニバンの中でも1番人気が高い車種がヴェルファイアです。

日産 セレナ

セレナは、ファミリー層からの任意が高いミニバンで、新車販売台数もミニバンの中でもトップクラスです。中古車でも需要、人気が高く、中古車買取価格も安定している車種です。ミニバンは、リセールバリューが高い車種が多い中、セレナは特に高値査定が出やすいと言えます。

トヨタ ヴォクシー

トヨタのヴォクシーは、ファミリカーとしても若年層にも人気が高くミニバンの中でも年齢を問わず人気があるモデルだと言えます。中古車市場でも需要が高く、販売価格も安定しています。ミニバンとして充実した装備とデザインは査定価格も下がりにくい車種だと言えます。

ホンダ ステップワゴン

ホンダのステックワゴンは、ミニバン市場で牽引してきた車種ですが、ここ数年は、上記車種に人気を奪われているモデルだと言えます、リセールバリューは高い車ですが、ミニバンとの中では、こちらの評価にさせていただきました。上記車種とはそれほど差がある訳ではなく高く売ることが出来るモデルだと言えます。

トヨタ アルファード

アルファードは、トヨタの高級ミニバンとしてヴェルファイアと並ぶ人気モデルです。ヴェルファイアよりもリセールバリューは劣ると思われますが、高級ミニバンとして需要や人気が高いアルファードは、3年後に高く売ることが出来るミニバンでリセールバリューは高い車種だと言えます。

 

 

リセールバリューの高い車ランキング(総合)

トヨタ ハイエース

リセールバリューの高い車ランキングの1位は、ハイエースだと言えます。中古車市場でも人気が高く、海外中古車でも人気のハイエースは、年式を問わず、需要が高く、程度や走行距離などを考慮しても査定価格は安定している車種です。

数年後に高く売ることが出来る車として選ばれる方も多く、リセールバリューの高い車と言えばハイエースですね!

ホンダ NBOX

軽自動車は、リセールバリューの高い車が多く、その軽自動車の中でも人気が高いホンダのNBOXは、間違いなくリセールバリューの高い車としてランキング上位です。

軽ハイエイトワゴンは、人気が高くNBOXやタントなどリセールバリューでも上位車種が多いと言えます。

トヨタ ランドクルーザー

ランドクルーザーは、長く乗った後も売却可能な車種としてリセールバリューが高い車ランキングに入れました。

10年落ちの車は、中古車として価値がなくなると言われますが、ランドクルーザーに関しては、10年落ちでも中古車価格は比較的安定していることやハイエース同様、海外中古車市場で人気が高い事で中古車買取価格は高い車種です。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタのヴェルファイアは、人気の高いミニバンの中でもリセールバリューが高い車種だと言えます。ミニバン市場の中古車は値崩れが少なく、高値査定が出やすいモデルが多い中、ヴェルファイアは特に高値査定が出やすく、買取価格も安定しています。高級車の市場が活況な事もあり、高級ミニバンNO1のヴェルファイアは、需要と人気が高いモデルです。ただ、年式に左右される傾向にあります。また、モデルチェンジ後は大幅な下落が見られるモデルだとも言えます。

スズキ ジムニー

軽オフロードカーのジムニーは年式を問わずリセールバリューに優れた車です。ランクル同様、需要が高く中古車査定価格も安定しているモデルだと言えます。

 

 

ハイブリッドカーのリセールバリュー

ハイブリッドカーは今の自動車市場では、一番主力の商品で、街中でもハイブリッドカーの比率はどれくらいでしょうか?20%から30%くらいあるのではないでしょうか?

 

今後もこの図式は続くと思われますが、ハイブリッドカーの落とし穴ともいえる中古車として売却する際のリセールバリューです。

 

新車ではあれほど人気のあるハイブリッドカー、トヨタのアクアやプリウスも中古車査定価格はそれほど高値査定が出ないという事です。

 

特にハイブリッドカーの中古車は年式に敏感で、年式が古くなれば極端に価格が下落するケースもあります。これはハイブリッドカーの特性上、バッテリーの消耗などメンテンナンス費用が高くなるとことから走行距離が多いハイブリッドカーや年式が古くなったハイブリッドカーはガソリン車やディーゼル車よりも中古車査定価格が下げる傾向にあります。

 

という事で、ハイブリッドカーは、燃費性能や税金免除など維持費が安くつきますが、新車から3年後、5年後の売却でも査定価格が期待を裏切るケースもア少なくなく、リセールバリューはそれほど優秀な車種やモデルは少ないと言えます。

 

最近の人気でハイブリッドカーを購入した方の中には、売却する際に査定価格が意外に安く思われる方も多いのではないでしょうか?
特に人気で新車販売台数の多いハイブリッドカーは、中古車としての流通台数も多く、中古車店や車買取業者も積極的な買取をしていないケース雄増えていると言われています。

 

燃費や税金面の優遇に優れたハイブリッドカーも売却の際のリセールバリューなども考えるトータルでは、お得感が半減することも考えられます。

 

ハイブリッドカーの購入は、リースなどもお得かもしれません。2年後の査定相場から月に支払い金額を決めて2年間、3年間その車を利用すると言う車の購入方法で、数年後の査定価格を購入時に設定しているので、ハイブリッドカーの様な中古車としての変動が激しい車では有利な面もあります。

 

3年ごとに新車に乗ることも出来るメリットなどもあります。ただし、自分の車と言う感覚ではなく借りている車の様な感じになることやカスタムや改造などがしにくい事、支払い金額は、結構高めの感じのサービスが多いことなどから、リースの様な車の購入も一長一短あると言えます。

 

少し話がそれましたが、ハイブリッドカーは主力の自動車市場で、ハイブリッドカーを購入する際に数年後の売却での査定価格など、ハイブリッドカーのほとんどの車種がリセールバリューがそれほど高くないことも理解していた方が良いと言う話でした。


  このエントリーをはてなブックマークに追加