社外パーツの査定、中古車売却の際の査定の評価

純正パーツから社外パーツでカスタムしている車も車種によっては多いですよね!社外パーツにいろいろありますが、車を売却する際には不利になることも少ないありません。
特に純正パーツからの交換で純正パーツがない場合などは、マイナス査定になることも少なくありません。

 

特にディーラーなどの場合、社外パーツの評価は低く、マイナス査定になることも少なくありません。場合によっては、ディーラーでの査定や買取の拒否もあり得る話です。

 

社外パーツと言っても部品もメーカーなどもいろいろあります。特にアルミホイールなどは社外パーツの中でも高評価での売却や部品だけでも売却することも可能です。

 

社外パーツと言ってもプラス査定になるパーツとマイナス査定、評価0円などのパーツなどがあります。しかし評価される社外パーツでも査定業者の中には、マイナス査定や評価しない場合もあるので、売却の際には注意が必要です。

 

社外パーツの中でも評価が低くなりやすいのが、エンジン関係と足回り関係ですね!エンジン、足回りのカスタム、改造は中古車としての価値を下がることが多いので、社外パーツもマイナス査定になりやすいと言えます。
逆に、ナビやオーディオ、室内の社外パーツなどは、評価されやすいパーツも多くあります。

 

社外パーツで改造、カスタムした車は、中古車としては不利になることがほとんどです。中古車の購入するユーザーのほとんどが、ノーマル車で程度の良い中古車を希望されることからも、少しの改造、カスタムでも評価が悪くなることも少なくありません。

 

高価な社外パーツでも二束三文でしか買取してくれないケースも多く、次に購入する車に利用できるパーツなら良いのですが、ほとんどの場合、その車種用のパーツですので、売却や処分になりますね!
そのことは、買取業者や中古車業者もわかっているので、社外パーツを評価してくれる業者はほとんどないと言っても過言ではありません。
社外パーツの査定や社外パーツで改造した中古車の査定は、それを評価してくれる業者をしてくれる業者を探すことが重要になります。
その方法の1つに複数業者の査定を一括で依頼できる車一括査定サイトがあります。カスタムカーや改造車を扱う業者とも提携しているので社外パーツを評価してくれる業者を探すことが出来るかもしれません。

 

  
   

  このエントリーをはてなブックマークに追加