10年落ちの中古車の買取査定

中古車で10年落ちは、需要が少なくなることから、中古車価格、中古車としての価値が極端に下がる目安ですね!
10年落ちの中古車を購入したいとは思わないですものね!

 

中古車市場では、10年落ちや10万キロ走行車は、需要が無くなる目安だと言えます。ですので、10年落ち、10年以上経った車を積極的に買取してくれる中古車店や車買取業者は少ないと言えます。

 

しかし、最近の自動車は、10年前の自動車でも故障なく走っている車も多いと言えます。自動車の性能は、日々向上していると言っても過言ではありません。
耐久性も向上していて、10年落ちや10万キロ以上走った車でも故障なし、調子のよい車も多いですよね!

 

このように自動車の性能が上がっても、中古車市場の評価と現状は、昔も今のあまり変わっていないと言えます。自動車の性能や耐久性の向上で、10年落ちでもまだまだ調子よく乗ることが出来る中古車でも中古車市場では、需要が少なくなることが最大の要因だと言えます。
売りにくい中古車をわざわざ、買取してくれる業者は少なく、査定価格も安くなることがほとんどです。

 

10年落ち、10年以上経つ中古車の買取が無理なわけではありませんが、それほど期待できる査定価格を引き出すことは難しいと言えます。
車種やモデルやエンジン形式などにもよりますが、10年落ちの中古車の査定は期待できない事ほとんどです。

 

10年落ちの中古車を売却する際には、査定価格に期待は出来ないのが現状ですが、少しでも高く売れれば嬉しいですよね!中には、買取をしてくれない業者なども出てくることがあります。

 

そこで、10年落ちの車の査定で利用して頂きたいのが、ネットの車買取一括査定サイトです。複数の業者への査定依頼が1度に出来るので、あなたが登録した車に興味のある業者をピンスポットで探すことが出来ます。
年式の浅い車なら車買取一括査定サイトの利用で、たくさんの業者から買取依頼、査定依頼が来ることでしょうが、10年落ちの車の場合、多くの業者からの査定依頼は期待できないですが、買取してくれる業者からの連絡があればラッキーですので、是非ご利用ください。

 

また、10年落ちの車でも1ボックスカーやディーゼルエンジンの中古車などは、海外市場での需要が多いこともありますので、意外に高い査定価格、買取価格の提示があるかもしれません。

 

10年落ちでも大事に乗ってきた車なら程度も良く、不具合もない車の多いと思います。
大事に乗ってきた愛車が、また活躍出来、理想の買取価格で売却出来ればいう事はありませんよね!

 

その為にも、出来るだけ多くの業者にあなたの車の情報を共有して買取したい業者を探してください。

 

10年落ち、10年以上経つ中古車の査定におすすめの車買取一括査定サイト
  
  

 

10年落ち、10年以上経つ中古車でも需要がある車種、モデルとは

日本車、国産車の性能、耐久性は飛躍的に向上しています。特にエンジン性能は10万キロ以上走った車でも性能の低下はほとんど見られない車も多く、比較的、過走行に弱いと言われる軽自動車でも10万キロ走行でも故障や不具合はほとんど見られないのではないでしょうか?

 

10年落ちや10万キロ以上走行の中古車でも使用に問題のない車種やモデルも多いのですが、中古車市場では、需要は少ないのが現状です。
しかし、車種やモデルによっては、10年落ちでも需要がある車、中古車もあります。

 

例えば、希少価値のある車、限定車やマニア車などです。これはごくまれなケースですし、このような車を売却する方は少ないと思います。
次は、オフロードカーや4WD車、特にトヨタのランドクルーザーなどは10年落ちでも100万円以上の価格で取引されるモデルもあります。
また、ハイエースなども10年落ちでも需要が高く、20年近く経つ100系ハイエースでも査定価格が出る場合もあります。
また、1ボックスカーや4WD車などは耐久性が強い車種も多く、特にディーゼル車などはエンジンの耐久性や燃費性能なども高いので、高年式車種でも需要があります。

 

上記の様な車種、モデルは、海外市場でも需要が高く、国内よりも海外に輸出されるケースも多いので、査定価格も付きやすいと言えます。

 

10年落ち、11年、12年落ちなどでも愛車を調子よく乗っておられる方も多いと思います。実際、最近の国産車は、10年経ったとしてもメンテナンスなどをしっかりしていれば、故障などもなく不具合もほとんどないことも多く、乗り続ける方も多くなっています。
10年落ちで売却する方もこれから増加してくると予想されます。

 

10年乗り続ける方のほとんどが、乗りつぶすと思っておらられる思いますので、買い替えなどで廃車と思っていますが、少しでもお金になればいいのではないでしょうか?
いきなり、廃車するにも廃車手続きや廃車にお金が掛かります。
自分で廃車するにしてもお金が掛かるので、それなら買取してくれる業者や少ない金額でも引き取りしてくれる業者に売却する方が賢明だと言えます。

 

10年落ち車は、程度や走行距離を問わず、売却しにくいと言えます。しかし、需要のある車種やモデル、買取してくれる業者などを探すことも可能だと言えます。


10年落ち、10年以上経つ車の売却体験談

※11年目のバモスの売却

ホンダの軽1ボックスカーのバモスの売却です。新車で購入して11年になる愛車でしたが、走行距離も10万キロを超え、NBOXへの買い替えで売却することになりました。売却というよりも処分、廃車になると思っていました。
ディーラーでの下取りでは、金額は付かなかったので車査定サイトで査定依頼の登録をしましたが、1社しか買取依頼が来ないという、流石に10年落ち、10万キロ走行の中古車は人気がないと思いましたが、1社だけでも買取希望があり、金額的には安かったですが、そこに買取をして頂きました。
不具合もなく故障もほとんどなかったバモスですが、10年を超えると買取してくれる業者もなくなるので、次の車は、も少し早めの買い替えの方が得なのかとも思いました。

 

※100系ハイエース、18年落ちのハイエースの処分

ハイエースと言えば、丈夫な車ですよね!18年乗ったハイエースのディーゼル車ですがエンジンはまだまだ元気でした、23万キロ走っていたのにエンジントラブルはなく、他の消耗品などを交換しながら活躍してくれた愛車ですが、200系ハイエースへの買い替えで手放すことに
下取りに出しましたが、値段は付かなかったのでそのまま、廃車にして頂くことにしたのですが、知人から譲ってほしいという事で友人にそのまま、譲渡しました。
100系ハイエースもまだまだ、売却できるそうですね!

 

※ランクル70系が高く売れた

15年落ちのランドクルーザーの70系を売却しました。走行距離もかなり走っていたので、期待はしていませんでしたが、ランクルの70系のこの年式は、まだまだ需要があるという事で、意外にも高い価格で買取して頂きました。
ランドクルーザーは、海外でも人気があるらしく、国内で売れない場合でも海外市場で高く売ることが出来るとのことです。
また、ランドクルーザーは古くなってもマニアなども多く、需要があるそうです。世界のオフロードカーがランクルです。