新車から3年後、3年落ちの中古車

新車購入から3年後の車検のタイミングで愛車の買い替えら売却をされる方も多いと思います。

 

自動車の売却は、新車から3年後に売却するのがリセールバリューが高く有利な売却が出来ると言われています。しかし、新車から3年で売る場合、車検のタイミングで売却することがほとんどだと思います。

 

3年での走行距離も売却の際には重要で、年式的には非常に中古車としては価値がある3年落ちの車も走行距離が5万キロを超えていると査定価格が低くなり、リセールバリューも悪くなると言えます。
車種やモデル、グレードにもよりますが、3年後に車を売却される際には、走行距離は重要な要素、査定金額を左右すると言えます。

 

仮に、年に1万キロ走行したとして3万キロ前後ですね!これくらいが平均的な走行距離で、これ以上の場合は、マイナスになりやすく、3万キロ以下の場合は、プラスの査定になりやすいと言えます。

 

また、車検のタイミングで売る際に気を付けなければいけないのが、車検ぎりぎりで査定に出した場合、査定する側も早く売りたいということで高い査定の提示を引き出しにくくなるということです、車検がすぐそこまで来ている場合に査定に出すのと、車検に余裕がある場合に査定に出すのでは、査定をする側の対応も違ってくるケースもあります。

 

車検が迫っている際には、早く処分したいと思われ為にその車の中古車買取相場よりも安い査定の提示もあり得ます。

 

新車から3年後、3年落ちの中古車の売却、査定に出す場合は、車検まで余裕をもって、購入先のディーラー査定だけのこだわらずに、あなたの車を欲しがる業者に売ることで少しでも高く売ることが出来ると思います。

 

ですので、ネットの車査定サイトなどを利用して複数業者の査定を取り、高く買取してくれる業者を探すことをおすすめします。

 

3年落ちの車は、車種を問わず、中古車店や車買取店でも積極的に買取してくれるので、ディーラー査定よりも高値が出やすいと言えます。

 

3年落ちの車の査定におすすめの無料一括査定サイト

 

 

逆に、中古車で3年落ちの車の購入を考えの方に、3年落ちの中古車購入は得なのか?
それとも3年落ちの中古車は割高なのでしょうか?

 

実際、中古車市場で一番人気が高いが、3年落ち、新車から3年後の中古車だと言えます。ですので、3年落ちの中古車販売価格は、割高になる傾向にあります。

 

しかし、初めての車検で売却される中古車は、不具合や何らかの理由で売られた車は少なく、ただ車検のタイミングで売られることがほとんどですので程度の良い中古車が多いと言えます。

 

中古車購入で、一番気になるのが、購入する車の不具合や程度ですね!故障する車を購入してしまったら、後々修理代などにお金がかかり、安く購入できたとしてもトータルでは損をすることになります。

 

このような理由からも新車から3年後の中古車は、人気が高く、中古車販売価格も比較的、高いと言えます、中古車ですので、故障や不具合のリスクはありますが、3年落ちの中古車は、そのリスクも軽減できると言えます。

 

3年落ちの中古車で走行距離も少ない場合、販売価格は比較的、高めになりますが、程度などを考えると割高とは言えないのではないでしょうか?

 

3年後の中古車査定の体験談

 

※新車購入したハイエースバン、スーパーカスタムGLの売却

ハイエースバンのスーパーカスタムGLを3年前に購入、車検は新車から2年後、その後は1年車検ということで2回目の車検での売却をしました。
バンタイプ、1ボックスでしたが、乗用車として乗っていたので車内、車外共に綺麗に乗っていたと自負していました。

 

ハイエースバンを購入したのは、デザインの良さと性能、装備などに加えて、中古車として高く売ることが出来ることです。
新車価格は、バンタイプの車では高額で、乗用ミニバンと同等価格かそれ以上の価格で購入の際には悩みましたが、ハイエースにしてよかったと思いました。
乗っている時も満足でしたが、この売却際には、ハイエースバンを買ってよかったと思えました。
自分のハイエースは、ホイールだけ交換しているほとんどノーマルでナビなども純正のナビを付けていましたが、売却の際には高評価で査定価格も納得できる価格、本当にその価格で買取して頂けるのかと驚いたほどでした。
最初、購入したディーラーで査定して頂いたのですが、次に車がトヨタの車ではなかったので、次の車を購入するディーラーでも査定して頂きました、どちらも同じくらいの査定価格でした。
しかし、次の車を購入するディーラーの担当者が、ネットの査定サイトで1度査定取られてはいかがですか?と提案してくれました。
ハイエースは、高く売れることが出来る中古車の代表みたいな車で、私のハイエースはスーパーカスタムGLでしたので一番人気が高いグレードだということでもっと高く買ってくれるところがありますよ!と言われました。
早速、ネットの車一括査定サイトへ登録、すぐにたくさんの電話がかかってきて、感じの良かった業者に出張査定を依頼しました。私は3社の査定を依頼したのですが、どこの業者もディーラー査定よりも高い金額を提示してくれ、一番高く買ってくれる業者に売却を決め、無事、車の買い替えが出来ました。
3年落ちのハイエースが、これほどの価格で売ることが出来るとは、本人がびっくりしました。
ハイエースバン、スーパーカスタムGLの新車は決して安いとは言えませんしm値引きも少ない車ですが、将来的に売却するならハイエースを選べば間違いないと思います。
最終的に、支払い価格が変わらないのであれば、乗りたい車の中でリセールバリューが高い車を選べば間違いないと思えました。

 

※フルモデルチェンジの噂で売ったプリウス

ハイブリッドカーの燃費に惹かれ、プリウスを新車で購入しました。値引きもそこそこしていただき250万円弱で購入、3年目の車検の前にプリウスの新型車の噂があり、5年は乗るつもりでしたが、モデルチェンジで中古車価格の下落なども考え、車検前に売ることにしました。

 

プリウスは、新車では人気が高く販売台数も多い車ですが、中古車では流通台数が多く、販売価格は下落しているということで、査定価格は期待できるほどの価格ではありませんでした。
3年落ちでもフルモデルチェンジの噂などで少し下落しているということで査定価格はそれほど高値が出ないということでした。売却するか悩みましたが、モデルチェンジすれば、もっと価格が下がることもあり得るので、売却に踏み切りました。
プリウスは、人気車種ですが、中古車としてはそれほど人気が高いとは言えないことが今回の売却で知りました。
もう少し高く売れると思っていましたが、意外に査定価格は厳しいものでした。


車の売却時期、3年後、5年後はどちらがお得?

新車で車を購入した際に、その車をどれくらいの時期に売却するのが得なのか?

 

何年くらい乗ってから売るのが得なのでしょうか?

 

実際、新車購入から3年後、5年後の車検のタイミングで売却する方が多いのではないでしょうか?

 

3年後の売却の場合、新車への乗り換えのタイミングでの売却になることがほとんどですよね!
中古車としても初年度登録から3年後の車は販売価格も高く、買取価格、査定価格も出やすいと言えます。
しかし、3年後の売却が必ずしも得かと言えば、そうではありません。

 

例えば、新車価格300万円の新車をそのまま売却したとしても30万円、50万円は下がります。いきなり30万円以上の損をします。
3年後の売却では、車種や新車価格、人気にもよりますが、300万円の新車価格の車なら100万円はマイナスになって言えると言えます。
3年で100万円、もしくはそれ以上は下がっている計算になります。

 

では、その車を5年後に売却した場合は、どうでしょうか?
これも車種や程度にもよりますが、一般的なケースでは、150万円以上は下がっていると言えます。

 

3年で100万円、そのあと2年で50万円では、どちらが得に思えますか?
3年後に200万円で売る、5年乗ってから150万円で売る

 

どちらが得な売却かは、個人差があるのではないでしょうか?
また、3年後の売却は、おおよその売却価格、200万円前後で売却できると思われますが、5年後になれば程度の差や新型車の発売、ライバル車の発売などに左右されることも多く、実際よりも安い査定価格、買取価格になることも考えられます。

 

パッと見た感じでは、5年後の売却の方が得なように見えますが、5年後の査定価格は、これよりも大幅に安くなると言うリスクもあります。

 

売却のタイミング、3年後、5年後では、どちらも車の売却のタイミングとしては良いタイミングだと言われています。

 

中古車市場でも3年落ち、5年落ちの中古車は人気が高く、ワンオーナー車などの付加価値も付くので中古車店も売りやすい中古車という事になります。

 

次に、売るタイミングとしてよく言われるのが、売る時期、1年の内で何月に売却すれば高い査定が出やすいのか?
3月が、1年でも一番、自動車が売れる時期です、新車、中古車ともに3月が一番、売れる時期ですが、3月に中古車を査定に出すのは、あまり賢明ではないと言われています。

 

新車の購入が多い時期で、自動車メーカーも繁盛期です。買い替えなどの需要で、中古車の流通台数が1年でも一番多くなります。
流通台数が多くなる時期に、あなたが査定に出した場合、どうでしょうか?あなたが売ろうとしている中古車も市場に多く流通している場合、無理な金額であなたの車を買取してくれないのではないでしょうか?

 

そうですね!

 

自動車が売れる時期、3月、9月、12月、6月の繁盛期に売るのではなく、それよりも1ヵ月から2か月前に売るのがタイミングとしては良いと言えます。

 

また、車種、タイプでも売るタイミングは異なります。

 

例えば、4WD車やオフロードカーなどはスキーシーズンやアウトドアシーズンに需要が多くなるのでその前のタイミングで売却するのが良いと言われています。

 

スポーツカーやオープンカーなどは春先からの需要が多く、ミニバンなどは、春から夏場に需要が高まる車種です。

 

売りたい車のタイプによって売るタイミングも変わってくると言えます、需要の多くなるタイミング、時期ではなく、それよりも少し前に売却を心がければ、少しでも高い査定が出る確率が高くなると言えます。

 

結構、中古車を売るタイミングと言うのは重要な要素で、特に注意しなければいけないのが、フルモデルチェンジです。日本車なら5年から6年くらいのスパンでフルモデルチェンジされる車種が多く、フルモデルチェンジの噂だけでも現行モデルの中古車価格が下落することもあるので、売却のタイミングは、愛車を高く売る要素の1つになります。

 

今現在のあなたの車の買取相場を調べる

 

リセールバリューの高い車は3年後に売却する

リセールバリューの高い車は、中古と車として売却する際に高値査定、高く買取してくれる業者を見つけやすいですね!

 

しかし、幾らリセールバリューが高い車でも年式が古くなると査定価格も期待を裏切ることも少なくありません。
中古車市場は、年式と走行距離には敏感です。

 

今、人気車種でも3年後、5年後にも人気車種とは限りません。

 

リセールバリューを信じて新車購入した車を売却する段階で思っている価格で売れないことなど普通にあります。
特に、年式、3年以上経つとリセールバリューが極端に下がる車、車種も有るので、3年後の車検のタイミングで売却するのが、車、中古車を高く売る秘訣だとも言えます。

 

新車から3年後、5年後は結構、節目で売却のタイミングとしては絶好だと言えます。
ですので、中古車を売却する際には、3年後、5年後に売却

 

これが一番、リセールバリューが高くなると言えます。それ以上の年数を乗ってから売却する際には、リセールバリューが低くなることを受けいる必要があると言えます。

 

新車購入から3年後の売却が一番リセールバリューが高い売却が出来ると言えます。

 

売却のタイミングは、難しい問題ですが、3年落ちの車の売却を検討されているのなら、良いタイミングであることは間違いないと言えます。


メーカー別 3年後の買取相場

トヨタ車の3年後の買取相場

ヴェルファイア ハリアー プリウス ヴィッツ
170〜760万円 200〜280万円 90〜210万円 50〜120万円

 

ヴォクシー アクア ハイエースバン クラウン
135〜200万円 75〜130万円 100〜270万円 200〜300万円

 

ホンダ車の3年後の買取相場

ステップワゴン フィット N-BOX レジェンド
120〜220万円 55〜100万円 65〜110万円 250〜300万円

 

ヴェゼル S660 オデッセイ フリード
120〜200万円 100〜150万円 100〜240万円 100〜175万円

 

日産車の3年後の買取相場

セレナ マーチ NV350キャラバン スカイライン
110〜230万年 40〜90万円 100〜275万円 220〜300万円

 

ノート エルグランド エクストレイル フェアレディZ
28〜90万年 180〜290万円 110〜180万円 200〜230万円
  このエントリーをはてなブックマークに追加